【めがね税理士】谷口孔陛さんのブログ『100メガ』の読むべき記事5選【エッセイスト】

100メガ-top

スポンサーリンク

こう見えても会計事務所で働いている私、えむ (@mnb_yx)です。

私は仕事柄、税理士さんのブログを読む機会が多いのですが、そのなかで異彩を放つブログを見つけました。

その名は『100メガ』

『100メガ』は、都内で開業している税理士・谷口 孔陛(たにぐち こうへい)さんが執筆しているブログです。

【事務所】
谷口孔陛税理士事務所 – 東京のめがね税理士。若い。

税理士といえば、カッチカチで文字だらけのお堅いブログがテンプレですが、谷口さんのブログはそんなカッチカチブログではありません。

谷口さんの記事は税理士の書いた記事というよりも、エッセイに近いのです。

ブログを読み進めるうちに、この人って税理士なの?エッセイストなの?メガネなの?と頭が混乱するほど。

今回は、そんなエッセイスト・谷口孔陛さんが書いた読むべき記事を5つ紹介します。

※ご本人に承諾頂いています。

肩書きってなんだろうか めがね税理士セルフブランディングを考える

 

今でこそ、めがね税理士として燦然と輝く谷口さんですが、この時期はまだ確固たる地位を気付いていないようです。

数多くいる士業で独立するには、セルフブランディングについてもしっかり考えていかなければなりません。

税理士であれば、相続に強いとか、社労士も持っていますとかそういったものを売りにする方が多いです。

そんななかで谷口さんが選んだのは、メガネ。

いや、めがね税理士ってなに?と疑問に思う人もいるでしょうが、そんなことは関係ありません。

谷口さんの海よりも深いめがね愛は、このように書き綴られます。

使い捨てコンタクトみたいな尻軽女に浮気したこと一度もないし、生涯めがねをかけ続ける気持ちでいる

『肩書きってなんだろうか めがね税理士セルフブランディングを考える』より引用

メガネ愛が強すぎるがゆえ、使い捨てコンタクトを尻軽女と形容してしまうほどのめがね愛。

えむ
この人どうかしています。(褒めてる)

ちなみに、このあとちゃんと謝っているところに谷口さんの実直さを感じます。

初デートでホラー映画はやめておけ 膝の骨に屈する編

 

中学生の谷口少年の純情な話のはずでした。

その純情さを振り返っていた現在の谷口さんのもとに友人からLINEがきます。

「谷口、このとき彼女の足のニオイ嗅いでたよな」

「大丈夫! バレないように嗅いでたからきっと隠せてるよ!!」

『初デートでホラー映画はやめておけ 膝の骨に屈する編』より引用

えむ
アウトー!完全にアウトー!

なんと、手もつなげないピュアな谷口少年は、こんなことをしていたのです。

この後にホラー映画の話が始まるのですが、もう頭に入りません。

こんな記事をアップしてしまう谷口さんが心配で、心配で。

こんなに人間味のある記事はなかなか書けませんよ。

税理士でこんな記事を書けるのは谷口さんだけでしょう。

ちなみに、谷口さんは嗅いでないそうです。

会社名を適当につけると後悔するから気をつけろ

 

これだ!という会社名が決まっていればいいですが、なんだかなーと決めかねている人も多いでしょう。

そんな人に参考になる記事です。

谷口さんは「MGNコンサルティング」という法人を作っていますが、これはなんの略なのでしょうか。

メガネ

MeGaNe

MGN

で、つまり「メガネコンサルティング」という名前をつけたのに等しいわけです。

『会社名を適当につけると後悔するから気をつけろ』より引用

えむ
ショ・ウ・キ・カ・ヨ

メガネーズハイもここまでくればクレイジーメガネです。

願わくば「メガメガメガネ」とか「目がねぇ」(スベった)とかにして欲しいような、欲しくないような。

社名のキャッチーさは親近感のもと!

しっかり決めたいものですね(他人事)

メガネをかけてドヤ顔したことがある者のみ私に石を投げなさい とあるメガネ原理主義者の咆哮

 

こじらせ系めがね税理士へと進化した谷口さんのメガネーズハイは止まりません。

私こそがめがね税理士である。

いや、私のみがめがね税理士である。

『メガネをかけてドヤ顔したことがある者のみ私に石を投げなさい とあるメガネ原理主義者の咆哮』より引用

このあと、メガネ自体が谷口さん本体だと主張しはじめました。

たぶんメガネの呪いにかかってしまったのだと思います。

えむ
なんか、かわいそう。

ちなみに、

※ こんな内容をまじめなFacebookに流すのが忍びないのでTwitterにだけ流します。Twitterはすぐ流れるところがよい。

『メガネをかけてドヤ顔したことがある者のみ私に石を投げなさい とあるメガネ原理主義者の咆哮』より引用

こんなことを書いていたので、この記事で光を当てようと思った次第です。

『メガネをかけてドヤ顔したことがある者のみ私に石を投げなさい とあるメガネ原理主義者の咆哮』については、私も影響を受けてこんな記事を書いています。

友「メガネいくつ持ってるの?」私「2本です」友「少なっ」

 

読むべき記事の紹介なのか、メガネの記事特集なのか、分からなくなるほどのメガネ率。

ここまでくればクレイジーメガネTANIGUCHIさんのメガネ愛は、読者に伝わったでしょう。

そんなTANIGUCHIさんであれば、さぞかし大量のめがねを……

そう、私はメガネを2本しか持っておりません。

しかもひとつはだいぶコーティングの剥がれたスペアメガネなので、実際に日々使用しているのは1本。

はい、1本だけなのです。

『友「メガネいくつ持ってるの?」私「2本です」友「少なっ」』より引用

えむ
ファ?

メガネ好きといえば、大量のメガネを入れる仕切り付きのメガネケースにドバーっと入ってるメガネみたいなのが欲しいじゃないですか!

このメガネは、べっ甲なんですよー。笑瓶か!

こっちは、赤いやつでー。山里か!

そっちのピンクのやつはー。CCBか!

みたいなツッコミしたいじゃないですか。

それを一切許さないTANIGUCHIさんにも信念があるそうです。

世界にどんなに多くの女性がいようとも、「この人」と思ったひとりをひたぶるに愛する。

世界にどんなに多くのメガネがあろうとも、「こいつは」と思ったメガネと一緒に歩いて行く。

『友「メガネいくつ持ってるの?」私「2本です」友「少なっ」』より引用

えっ?いい話?

なんかのキャッチコピーかな?という爽やか感。

えむ
本当に大切なものはひとつだけでいい

なんかよくわからないけど、かっこいいんですけど……。

谷口孔陛さんはちゃんとした税理士さんです

今からフォローできるのか、いささか不安ではありますが、谷口さんは気さくで楽しい方です。

私はまだ2回しかお会いできていませんが、私から見た谷口さんは本当に楽しい方なのです。

リアクションがいいので、こちらが大したことを話してなくても、いいリアクションをくれます。

税理士としての谷口さんも応援していますが、エッセイストとしての谷口さんも魅力的です。

面白い読み物が書ける税理士さんってほぼいないと思うんですよ、私は。

それだけに、谷口さんのような存在は貴重です。

これからは堅物な税理士だけではなく、谷口さんのような気さくな税理士さんが増えてくれることを楽しみにしています。

谷口さんへ
全体的にふざけているせいで、失礼極まりない記事になってしまいました。
お許しください。めがね。

谷口さんの事務所ページ
谷口孔陛税理士事務所 – 東京のめがね税理士。若い。

谷口さんの個人ブログ
『100メガ』

谷口さんのTwitter
谷口孔陛(たにぐちこーへい)@khtax16 

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーサブカル男子が「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 メインジャンルは音楽、マンガ、本。 音楽に関しては、元ヴィジュアル系バンドのドラマーという経歴から、バンド活動についても書いています。 ちなみにメンズです。 《詳しいプロフィールページはこちら⦆