BRADIO 『LA PA PARADISE』レビュー/メジャーデビューしてもBRADIOは変わらない!

スポンサーリンク

BRADIO メジャーデビューおめでとう!!!!

ファンク・ソウル・ロック・シティーポップを見事に融合し、最高のJ-POPを作り出すバンド BRADIO。

そんな彼らが、2017/10/11 BRADIOのメジャーデビューシングル「LA PA PARADISE」をリリースしました!

このエントリーではBRADIOのメジャーデビューシングル「LA PA PARADISE」のレビューをしていきます。

BRADIOのおすすめ曲5選

2017.10.10

LA PA PARADISE

満を持してのメジャーデビュー。BRADIOは変わってしまうのか?

BRADIOはインディーズ期間が長かったバンドです。元々実力と楽曲センスを兼ね備えたバンドでしたが、なかなかチャンスに恵まれず、2017年ついにデビューとなりました。

彼らのファンキーでソウルフルなJ-POPを知ってもらうにはメジャーデビューは大きな一歩と言えそうです。

インディーズとメジャーでは、広告宣伝に使える予算が違いますから、人目にふれる機会が増えるのはBRADIOにとっては良いことですね。

長年インディーズで活動してきたバンドがメジャーデビューシングルを出すときは、音楽性がどれぐらい変わるのかが注目ポイントです。

レーベルの思惑によっては、バンドが今までの音楽性から少し変わってしまう可能性もあります。

その点、BRADIOの「LA PA PARADISE」は彼らの王道を行くダンサブルなサウンドで、「今後もBRADIOは変わらないよ」というメッセージを感じました。

相変わらずのヌルヌルベースが最高。

私がBRADIOでひたすら推しているのは、酒井亮輔さんのベース。

私の中で、ヌルヌルしたベースっていうのは最高の褒め言葉なんですけど、BRADIOのベースラインっていつ聞いても楽しいんですよ。

もうベースの主張をヒシヒシ感じます。笑

Aメロ、Bメロのギターとか、いつも通りおしゃれでかっこいんですけど、どうしてもベースに耳がいっちゃうんですよ。

BRADIOはベースに注目して、ベースをよく聞いて下さい!私がヌルヌルって言い続けている意味を分かってもらえるはずです!

スポンサーリンク

Baddest

ユルさの中で光るキメ。

このシングルに収録されている2曲は割とゆったりノれるタイプの曲ですが、分かりやすかった「LA PA PARADISE」に比べてちょっと凝ったリズムの2曲目。

Aメロでリズムをちょっと後ろに引っ張るリズムパターンが歌メロにマッチしていたり、間奏のキメが楽しそうだったり、田邊有希さんの楽しそうなドラミングが伝わってきます。

BRADIOらしいカップリングですね。

まとめに

メジャーデビューシングル!となると気負ってくるかも…と思っていたんですが、私の杞憂でした。

BRADIOはメジャーでもファンクで、ロックで、ソウルで、ダンサブルなJ-POPバンドとして活動してくれる。

そんな期待を抱かせるBRADIOらしいデビューシングルでした!

真行寺貴秋さんのボーカルありきなBRADIOですが、楽器隊も本当にかっこいいので、Hidden AFRO ver.も聞いて下さいね…笑

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーサブカル男子が「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 メインジャンルは音楽、マンガ、本。 音楽に関しては、元ヴィジュアル系バンドのドラマーという経歴から、バンド活動についても書いています。 ちなみにメンズです。 《詳しいプロフィールページはこちら⦆