私がドリームキャストでHTMLを学んだ話   

dc-html-top

スポンサーリンク

私がHTMLを覚えたのは、中学生のころ。

まだPCがなかった我が家ですが、素晴らしいネットツールがありました。

その名は、ドリームキャスト。

このエントリーでは、私とドリームキャストの愛の物語と、HTML覚えてホームページを作っちゃう話をつづっていきます。

ドリームキャストと私

ありがとう、せがた三四郎。はじめまして湯川専務。

セガサターンを救うため、炎のなかに入ったせがた三四郎は、もう戻ってこなかった。

うちひしがれるサターンユーザーを慰めるように登場したのが、湯川専務とドリームキャスト。

真っ白な四角いフォルムで愛くるしいぐるぐるマークを持つ「ドリームキャスト」と、よくわからない謎のおじさん「湯川専務」を起用した自虐的なCMに、私はすっかり虜になった。

湯川専務を男にしないといけない。

そう決意した私は、親戚からせっせと募金を募り、なんとか発売日にドリームキャストを手に入れたのだ。

販売店からドリームキャストを家に持ち帰り、開封すると「ドリームパスポート」という謎のGD-ROMが入っていた。

ネットブラウザがついてきた。

ドリームパスポートを起動してみると、どうやらインターネットが出来るソフトのようだ。

しかし、何をどうやったらネットにつながるのかが分からない。

現在だったらスマホで検索するところだが、当時の私はガラケーすら持っていなかった。そのため、取説を熟読してみる。

どうやら、ドリームキャストの後方に電話線をさせばなんとかなりそうだと分かり早速実践してみた。

家の電話からコッソリ電話線抜いて、ドリームキャストにつなげてみると、そこには見たことのない世界があった。

ドリームキャストでネット初体験

はじめてのネットサーフィンに大興奮

設定画面をガンガン進んで、初めてウェブサイトが表示されたときは「うぉーーー」と叫んだ。

クリックするごとに、ちょっとずつ読み込みが進む画面にまだかまだかと心を躍らせる私。

ゲームの攻略情報が載っているウェブサイトを見て攻略のヒントをもらったり、掲示板で同じゲーム好きと交流したりして、世の中には、いろんな人がいるんだなーとワクワクした。

ネットサーフィンは、すぐ飽きた

当初はワクワクでネットの世界を満喫し、掲示板で返事があれば小躍りすらしていた私だが、すぐ飽きてしまった。

飽きてしまった理由は、

  • 自分の興味の幅が狭かった
  • 今ほど多くのウェブサイトがなかった
  • 掲示板での交流が途絶えやすかった

主にこの3点。とにかくコンテンツが少なかった。

スポンサーリンク

ドリームキャストでホームページが作りたい

ドリームキャストで自分のホームページを作っている人がいた!

久々にドリームパスポートを使って、「ドリームキャスト」と検索してみたら、ドリームキャストでホームページを作るというサイトを見つけた。

今までは見ているだけの自分でもホームページが作れるんだ!しかもドリームキャストで!

新しい世界を知った私は早速ドリームキャストでのホームページ作りにチャレンジすることにした。

お役立ちサイトを参考にして、見よう見まねでホームページ作り

思い立ったが吉日、さっそくホームページ作りに取りかかった。

ホームページを作り方を指南しているウェブサイト※1を見ながら悪戦苦闘しつつホームページ作りを開始。

まずジオシティーズでアカウントを作って、サイトの説明どおりになんだかよくわからない英語を打ち込んだ。

そのよくわからない英語こそHTMLだったのだが、その頃はよくわからずに見よう見まねで入力し、きちんと表示がされなくて落ち込む日々…。

試行錯誤するうちに、だんだんとHTMLに慣れてきた私は、もっとHTMLを知りたくなった。

※1…その当時お世話になったサイトさん

その節はありがとうございました!

のめりこんで、HTMLタグ辞典を購入

ウェブサイト上でのHTMLの説明に物足りなさを感じた私はついにHTMLタグ辞典に手を出した。

HTMLタグ辞典とは、1ページごとにHTMLタグが書いてあり、これを使うとこんなことができるよーというような内容の辞典。

貴重なお年玉を使って買ったので、絶対何かをつかんでやる!と思い、1ページずつじっくり、何度も読みなおした。

このよくわからない努力のおかげで、HTMLの使い方が分かってきた気がする。

せまりくる親の恐怖

HTMLも大体わかったことだし、いよいよ本格的にホームページを作っていくか!とやる気になった私は、ドリームキャストのソフトキーボード※2という劣悪な環境に耐えながらなんとかHTMLを打ち終えた。

そこに迫りくる、母の足音。

「いつまで電話使ってるの!電話できないから電話線抜いといたよ!」

これは鬼の所業。

なぜならドリームキャストは、ネットワークが切断されると、それまで書いていたテキストは保存できないという鬼の仕様なのだ。

私がHTMLをすべて入れ終わったとしても、ジオシティーズのエディター画面の保存ボタンを押していないと、今までの苦労が無駄になってしまう。

母から愛のある一撃をもらった私は、悲しみをそっと胸にしまい、ふたたびHTMLを打ち始めた。

※2…画面に出てくるキーボードの事。コントローラーの十字キーでチマチマ打つのが辛い…。

ついにホームページ完成!HTMLも習得。

試練を乗り越えて、ホームページが完成。

母の暴挙に耐えつつ、やっとの思いでホームページが完成した。

HTMLを打っては、プレビューをひたすら繰り返してやっとたどり着いたショボいホームページ。

全く中身のないウェブサイトたが、この広いネットの世界に自分がホームページを持てたのは本当にうれしかった。

ホームページでドリームキャストのすばらしさを伝えることができて、やっと湯川専務に恩返しができただろうか?

やりたいことをできるように頑張ったら、いつのまにかHTMLを覚えていた。

ホームページを作りたいと思い立ってから、HTMLを覚えて地道に打ち込んで完成させるまで1か月もかからなかった。

1か月といっても土日に1,2時間作業していただけで、実際に使った時間はほんのわずか。

こんな風に表示させたいと思えばHTMLタグ辞典で調べて、入力する。

この繰り返しだけでいつのまにかHTMLを覚えることができるのだ。

やってみたいと思って、突っ走ったら何かが身につくんだなと思ったのは、この時が初めてだった。

まとめに

私のセガ愛のおかげで歪んだエントリーになってしまったような…(;^ω^)

中学生時代に、やってみたいと思ったら自分なりに行動してみるという成功体験をできたのは大きかったと思います。

パソコンを買ってもらって、パソコンでホームページを作ったほうが早かったかもしれない。

でも、やりたいことに好きなものが加わると、ちょっとの挫折も楽しくなってきます。

私は自分が愛するドリームキャストでホームページを作ろうとしたからこそ、最後までやりとげられたのだと思います。

ありがとーーーーう!湯川英一さーーーん!(湯川専務の本名)

 

 

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーサブカル男子が「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 メインジャンルは音楽、マンガ、本。 音楽に関しては、元ヴィジュアル系バンドのドラマーという経歴から、バンド活動についても書いています。 ちなみにメンズです。 《詳しいプロフィールページはこちら⦆