初心者の古本屋めぐり・吉祥寺&西荻窪&高円寺 2018年7月

初心者の古本屋めぐり 西荻窪・吉祥寺・高円寺

スポンサーリンク

本の収集が止まらない私、えむ (@mnb_yx)です。

照りつける太陽にも負けずに中央線界隈を奔走した私。
今回はわりと豊作だなーなどと思って本を両手に抱えるが、その重さにげんなりすることが多かった。

この記事は私が2018年7月に行った古本屋めぐり、古本市めぐりの記録である。

スポンサーリンク

古本屋めぐり

吉祥寺 バサラブックス

バサラブックス

2017年12月以来、ひさびさに訪れたバサラブックス。サブカル系に強い店だけに個性のある品揃えで私は好きだ。

バサラブックスでは店に入ってすぐのところにあるサブカル漫画棚と私の所持金が毎回激しい戦いを繰り広げる。
前回訪れた時に楳図PERFECTION!を買い逃しているため、気になるものがあれば即買いしなければならない。
まさに戦場。バサラブックス。

今回購入した本

呪いの夜の鬼
  • 『呪いの夜の鬼 さやかと和香』森由岐子

ついに手を出してしまったホラー漫画の雄・レモンコミックス。
こういう時はジャケ買いに限る。

吉祥寺 すうさい堂

すうさい堂

バサラブックスと同様に訪問の期間が空いてしまったすうさい堂。
店名からも感じられるサブカル感は品揃えにもきっちり反映されている。普段はなかなか出会うことがない本にビビっとくることが多いのはすうさい堂ならではだ。

店内では前回会えなかった看板猫のヂル会長とご対面。
すうさい堂は外から分かりにくい場所にあるので、窓から見えるおろちを目印にしているのだが、今回は見つからなかった。
ご主人に理由を伺うと台風で濡れてしまったので避難したとの事。復活を待ちたい。

今回購入した本

2018年7月購入本01
  • 『永井豪ホラー短編集 髑髏の館』永井豪
  • 『奇人画報』駕籠真太郎
  • 『女郎ぐも』戸田誠二
  • 『ミミの怪談』伊藤潤二(原作:木原浩勝・中山市朗)

伊藤潤二先生のファンになってからはじめて実物に出会った『ミミの怪談』は即買い。現在は絶版のために値段が高騰しているが、今回は安く手に入れることができた。

日本のむかし話を漫画化した『女郎ぐも』は表題作をはじめとして面白い短編がつまった秀作だ。

created by Rinker
¥1,080 (2018/08/17 05:34:10時点 Amazon調べ-詳細)

西荻窪 モンガ堂

モンガ堂

寒い時期に伺って以来、久々にお邪魔したモンガ堂。
店内に所狭しと積まれた本は相変わらずで、掘り出し物を探すのが宝探しのようでおもしろい。
私は店に行く度にご主人と長話をしてしまうので、申し訳なさを感じつつ今回もおすすめ本を紹介して頂いた。

今回購入した本

  • 『2027 ボヤボヤしてたら、すぐやってくる。2027年のお話。』

各ジャンルの方々が2027年に起こることを予想している一冊。
2007年に発売されたため、今の予測との違いを感じながら読みたい。内容もさることながら装丁が凝っていて、パラパラとめくるのも面白い。

古本市めぐり

高円寺「本の楽市」

7/14〜23に座・高円寺で開催されていた古本市。
開催期間中に2回も訪れてしまうほど、お気に入りの古本市だった。
本の楽市については別途記事にしている。

灼熱の古本市めぐり・高円寺「本の楽市」2018年7月

西部古書会館「中央線古書展」

西部古書会館 中央線古書展

7/28~29に西部古書会館(高円寺)で開催されていた古本市。
中央線古書展は初めて参加したが、サブカル本もそこそこあり、筋金入りの古書好きでなくとも楽しめる。

本の楽市と同じ書店(古書サンカクヤマ、丸三文庫)が参加していたため、同じ本も何冊か見た。

今回購入した本

2018年7月購入本02
  • 『殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件』「新潮45」編集部
  • 『殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件』「新潮45」編集部
  • 『ふるほん文庫やさんの奇跡』谷口雅男
  • 『TOKYO本屋さん紀行』
  • 『書斎曼荼羅 1』磯田和一
  • 『書斎曼荼羅 2』磯田和一
  • 『本棚が見たい! 2』川本武
  • 『本棚が見たい! 3』川本武

本関連の本を中心に購入。『本棚が見たい! 』シリーズは読みたいと思っていたところだったので嬉しい。
古本市では自分の趣味とドンピシャの棚に出会えるのがおもしろい。

おわりに

私が2018年7月に行った古本屋、古本市や買った本について紹介した。

ここ最近は同行者もいるため、ついつい買いすぎてしまい積ん読が増えている。

8月も懲りずに古本屋や古本市にお邪魔すると思うが、購入と同じペースで積ん読も消化していくことを固く誓う私であった。

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーが「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 元V系プロドラマー。現在はホラー漫画、笑ゥせぇるすまん、アーティスト紹介の記事が多めです。アーティストへのアドバイスも書いています。