BRADIO 『きらめきDancin’』レビュー/これぞBRADIOというべき最高のダンスチューン

BRADIO『きらめきDancin'』レビュー

スポンサーリンク

BRADIOが作るシティーポップが大好きな私、えむ (@mnb_yx)です。

ファンク・ソウル・ロック・シティーポップを見事に融合し、最高のJ-POPを作り出すバンド BRADIO。

2017年のメジャーデビュー後、ドラマーの脱退などがありながら、2018年に2ndシングル『きらめきDancin’』をリリースしました。

BRADIOらしい極上のダンスチューン「きらめきDancin’」、シティーポップ感溢れる「Once Again」を収録した『きらめきDancin’』は今のBRADIOを知るにはおすすめの1枚です。

この記事では、BRADIOのメジャー2ndシングル『きらめきDancin’』をレビューをしていきます。

「きらめきDancin’」思わず踊りだすダンスチューン

相変わらずのシャレたギターとヌルヌルベース

もはやこのギターとベースを聞くためにBRADIOを聞いていると言っても過言ではないぐらいですが、「きらめきDancin’」でのギター・大山聡一とベース・酒井亮輔のフレージングはかっこいい。

酔わせるようなギターソロから、ラストのサビでベースが唸る流れは、思わず待ってました!と言ってしまうところです。

えむ
ベースの「ウーンウッウッウッ」が最高

ボーカル・真行寺貴秋のソウルフルな歌声と彩りのある大山聡一のギター、酒井亮輔のヌルヌルしたベースから生み出される「きらめきDancin’」は思わず踊りしてしまう極上のダンスチューンです。

ドラム脱退でドラミングはどうなった?

ドラムの田邊有希が脱退後、初めてのリリースとなりましたが、元々田邊有希はシンプルなドラミングだったたけに、今までと劇的な変化はありませんでした。

しいて言うなら、最初のサビ前に入るハイハットワークが今までにはなかったドラミングかなーという程度です。

ギター・大山聡一とベース・酒井亮輔が自由にプレーする分、ドラムにはシンプルなプレーが求められると思うので、このままサポートを迎える体制が続くかもしれませんね。

「Once Again」待っていました!BRADIO流シティーポップ

最高のシティーポップ

BRADIOはファンク、ソウルのイメージが強いバンドですが、私が気に入っているのは「真っ赤なカーチェイス」「Overnight Superstar」などのシティーポップな曲。

そのシティーポップラインに新しく加わったのが、「Once Again」

Bメロからサビにかけてしっかりと歌を聞かせる展開になっていて、ボーカル・真行寺貴秋の幅の広さを感じます。

スポンサーリンク

BRADIO初心者は初回限定盤を買うべし!

『きらめきDancin’ 初回限定盤』には2枚目のCDとして「BRADIO Groovin’ Mix」が収録されています。

DJ松永がミックスしたもので、実質BRADIOメドレーとなっている上に、20分もあるので「BRADIO Groovin’ Mix」を聞くだけで、BRADIOの歴史が大体分かります。

すでにBRADIOのCDを持っている方にはあまりうまみがないかもしれませんが、最近BRADIOに興味を持った方は「BRADIO Groovin’ Mix」から自分が好きな曲を探してみるのもいいかもしれません。

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーサブカル男子が「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 メインジャンルは音楽、マンガ、本。 音楽に関しては、元ヴィジュアル系バンドのドラマーという経歴から、バンド活動についても書いています。 ちなみにメンズです。 《詳しいプロフィールページはこちら⦆