【スタメン/フォーメーション】2018 ACL GS 第2節 鹿島アントラーズVS水原三星ブルーウイングス マッチレビュー

2018ACL-水原三星vs鹿島

スポンサーリンク

鹿島サポーター えむ (@mnb_yx)です。

ALL初戦は引き分けに終わった鹿島。

続く2戦目は水原三星とアウェイでの対戦となり、苦戦が予想されていましたが、エース・金崎の2ゴールで勝利しました。

それでは、フォーメーションと得点状況を中心にこの試合を振り返っていきたいと思います。

他の試合へはこちらから

鹿島アントラーズ 記事まとめ

フォーメーション&スタメン

フォーメーション

2018ACL-水原三星vs鹿島スタメン

水原三星ブルーウイングススタメン

システム 3-4-3

GK 21 ノ・ドンゴン

DF 20 カク・カンソン 5 チョ・ソンジン 16 イ・ジョンソン

MF 25 チェ・ソングン 8 チョ・ウォニ 12 クリストバン 23 イ・キジェ

FW 7 ワグニーニョ 10 ダムヤノビッチ 26 ヨム・ギフン

鹿島アントラーズ スタメン

システム 4-4-2

GK 1 クォン スンテ

DF 32 安西 幸輝 5 植田直通 3 昌子源 16 山本 脩斗

MF 20 三竿健斗 4 レオ・シルバ 25 遠藤康 30 安部 裕葵

FW  9 鈴木 優磨 10 金崎 夢生

選手交代

63分【水原三星】カク・カンソン→キム・ウンソン チョ・ウォニ→イム・サンヒョプ

2018ACL-水原三星vs鹿島選手交代01
水原三星 選手交代
63分 OUT: 20 カク・カンソン → IN:4 キム・ウンソン
63分 OUT: 8 チョ・ウォニ → IN:11 イム・サンヒョプ

水原三星は一気に2人選手交代。システムを4-2-3-1に変更。

73分【鹿島】鈴木 優磨 →土居 聖真

2018ACL-水原三星vs鹿島選手交代02
鹿島 選手交代
73分 OUT: 9 鈴木 優磨 → IN:8 土居 聖真

79~80分【水原三星】ワグニーニョ →ジョン・セジン【鹿島】遠藤 康→永木 亮太

2018ACL-水原三星vs鹿島選手交代03
水原三星 選手交代
79分 OUT: 7 ワグニーニョ → IN:99 ジョン・セジン
鹿島 選手交代
80分 OUT: 25 遠藤 康 → IN:6 永木 亮太

88分【鹿島】金崎 夢生→金森 健志

2018ACL-水原三星vs鹿島選手交代04
鹿島 選手交代
88分 OUT: 10 金崎 夢生 → IN:14 金森 健志

ゴール 

8分【鹿島】金崎 夢生

2018ACL-水原三星vs鹿島ゴール01
鹿島 ゴール
8分 金崎 夢生

敵陣深い位置でのスローイン。

①山本のスローインを受けた鈴木が、マイナス方向へドリブルし、中央へグラウンダーのパス。

②鈴木のパスを受けた遠藤は走り込んできた金崎へ浮き球のパス。

③遠藤のパスを胸トラップした金崎は、落ち着いてゴール右に流し込んだ。

遠藤のパスがコントロールしにくそうなボールだったため、難しいかな?と思いましたが、金崎が見事に決めてくれました。

59分【鹿島】金崎 夢生

2018ACL-水原三星vs鹿島ゴール02
鹿島 ゴール
59分 金崎 夢生

①レオ・シルバはショートコーナーを選択。ボールを受けた安部はターンしようとするも、ボールが流れる。

②流れたボールを受けた遠藤が、そのままゴール前にロングボールを送る。

③遠藤のボールを鈴木がヘディングでピタリと合わせ、ボールはゴール左へ。

④そこへ金崎がつめて、ゴール。

ゴール後、鈴木は自分のゴールが奪われたというアピールをしていましたね(笑)

89分【水原三星】クリストバン

2018ACL-水原三星vs鹿島ゴール03
水原三星 ゴール
89分 クリストバン

①右のスペースでボールを受けたクリストバンは、中央のジョン・セジンへ横パス。

②ジョン・セジンは左前に出てきたヨム・ギフンへパス。このタイミングでクリストバンは中央にランニング。

③ヨム・ギフンとスイッチするようにボールを受けたクリストバンは、ドリブルでペナルティエリアに侵入。クォン・スンテの股を抜いたシュートでゴール。

クリストバンのマークについていたのはレオ・シルバだったんですが、マークを離してしまった結果が失点につながりました。(マークを受け渡したつもりかもしれませんが……)

 マッチレビュー・選手評

要所での得点が勝負を分けた

鹿島が早々に先制点をゲットしたことで、選手たちは落ち着いて試合を進めることができました。

前半で唯一のピンチは、レオ・シルバのPK献上。

このピンチをクォン・スンテがセーブしてくれたことも、試合に大きく影響しました。

後半もいい時間に追加点を得て、少しずつ鹿島がボールを保持する時間も生まれたなか、永木を投入し、チームはこのまま試合を終わらせに入ります。

試合終了間際には、クリストバンにゴールを許してしまいましたが、なんとか勝ち点3を持って帰ることができました。

しっかりと追加点を奪っていたことが、非常に大きかったと言えます。

エース・金崎夢生の2得点

ACLの初戦ではベンチに入りながらも出場の機会がなかった金崎。

試合開始早々にゴールを決めたあと、鈴木のシュートにつめてごっつあんゴールを決め、金崎らしさを発揮してくれました。

ゴールを「奪われた」鈴木は悔しさをあらわにしていましたが、ギラギラした2人のFWがいるのは頼もしいですね。

NEXT2018 J1 第1節 鹿島アントラーズ VS清水エスパルス  マッチレビュー

PREV2018 ACL GS 第1節 鹿島アントラーズVS上海申花 マッチレビュー

まとめ鹿島アントラーズ 記事まとめ

Twitterバナー
 

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーサブカル男子が「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 メインジャンルはサブカル、サッカー(鹿島アントラーズ、シャルケ)、音楽など。 音楽に関しては、元ヴィジュアル系バンドのドラマーという経歴から、バンド活動についても書いています。 ちなみにメンズです。 《詳しいプロフィールページはこちら⦆