【シェンムーII攻略プレイ日記】③朱元達への手がかり~朱元達の側近【ネタバレ】

4 min
シェンムーII攻略プレイ日記
スポンサーリンク

【前回までのおさらい】
涼はついに桃李少(秀瑛)と会えた。
ここからは朱元達の情報を得るため、動きまわる。

【前回のプレイ日記】
>>「②4つの武徳探し~桃李少との出会い」へ

スポンサーリンク

朱元達への手がかり

翌朝、秀瑛さんの部屋で寝ていたところ、手伝いの少女・薫芳梅に起こされる。
秀瑛さんからの伝言で、文武廟の書庫に来るように言われた。

シェンムーIIプレイ日記054

書庫に着くと本の虫干しをやらされる。
本を持って外の机まで運ぶミニゲームがスタート。

ダッシュもできるが、ボタン操作が面倒になるので、おとなしく歩いて運ぶほうが良い。
しばらくは毎朝虫干しをやることになる。

シェンムーIIプレイ日記055

虫干しが済むと、秀瑛さんに朱元達のことを聞く。
「気持ちが落ち着くまでは虫干しに専念しろ」と言われてしまい、情報はつかめず。

毎回ゲームが終わると、白い中華服の男(漢輝)が技書をくれる。技書を読んだだけで、技が修得できるお気軽なシステムとなっている。

近くで朱元達について聞き込みをすると「大老武術なら分かるかも?」と言われる。

大老街にある武具などを販売する店「大老武術」で主人と話す。

シェンムーIIプレイ日記056

「朱元達は五星公司という会社をおこして昔は隆盛を誇っていた」と聞く。
以前は大老武術にもよく来ていたらしい。

「朱元達は武林書という書物を書いており、武林書は文武廟の書庫に保管されている」と聞く。

この日はすでに書庫が閉まっていて翌日に持ち越しとなった。

秀瑛さんの部屋に帰って芳梅と秀瑛さんについて話す。
芳梅は秀瑛さんに憧れているらしい。

シェンムーIIプレイ日記057

秀瑛さんの部屋は大人っぽいのに、なぜかクマのぬいぐるみがあるところがかわいい。

シェンムーIIプレイ日記058

翌日も芳梅に起こされて虫干し。

虫干しが終わると漢輝から日本の武術を教えてくれと言われ、型を見せる。
お返しに中国拳法の「冲捶」を教わる。

シェンムーIIプレイ日記059

書庫で武林書を発見したが、鍵がかかっていて読めない。
涼は秀瑛さんに武林書を見せて欲しいと頼む。

シェンムーIIプレイ日記060

秀瑛さんは「物事の本質が分からないようではダメ。落ち葉をつかめるようになれ」と言う。
落ち葉が落ちてくるところにタイミングを合わせて2本指でキャッチするミニゲームがスタート。

ひたすら左スティックで落ち葉を追いかけ、葉の残像が見えたらボタンを押すとキャッチできる。
1度つかめただけでは足りず、3回つかめないと秀瑛さんからOKが出ない。

シェンムーIIプレイ日記061

落ち葉つかみをマスターすると秀瑛さんから鍵を貸してもらえる。

シェンムーIIプレイ日記062

武林書とは拳法の解説書らしい。「虎燕拳」の系譜図に「趙孫明」の名が出てきた。

シェンムーIIプレイ日記063a

趙孫明とは、藍帝が涼の父・巌を殺す前に言っていた名前だ。
やはり朱元達は、父の死になんらかの関わりがあるのか……。

シェンムーIIプレイ日記063

武林書から紙切れが落ちてきたが、今の時点では意味がわからない。
紙切れの後ろには朱元達の判が押してあった。

シェンムーIIプレイ日記064

漢輝に紙切れを見せて聞いてみると、「骨董屋に聞いてみろ」と言われる。

スポンサーリンク

茶碗陣

近くの骨董屋を探し、集古堂に入る。

シェンムーIIプレイ日記065

主人に聞くと紙切れに書いてある図は「茶碗陣」だと分かる。
茶碗陣とは、武術家同士のやりとりに使う暗号らしい。

これ以上は桂香さんに聞けと言われ、恩田楼へ。

桂香さんの推測では、これは「朱元達の仲間だということを示す合図」ではないかと分かる。
茶碗を紙切れに書かれた配置通りに並べると、合図になるらしい。

シェンムーIIプレイ日記066

大元楼の部屋に帰ると写真を見ながら泣いている秀瑛さんを見てしまう。
涼に気がついた秀瑛さんは涼と入れ違いに部屋を出ていった。

シェンムーIIプレイ日記067
シェンムーIIプレイ日記068

本に挟んだ写真がひらりと落ちた。涼が拾って写真を見る。色あせた写真に寄り添う少年と少女の姿が写っていた。
裏には「紅紫明 紅秀瑛」と書いてあった。

シェンムーIIプレイ日記069

翌朝、起こしにきた芳梅に紅紫明について聞いてみる。
芳梅は内緒にすることを条件に教えてくれた。

「秀瑛さんは幼い頃、兄・紫明と共に孤児院で育てられた。紫明はある日突然出ていってしまった」そうだ。
芳梅になぜその事を知っているのか聞くと「私も同じ孤児院で育ったから……」と。

深追いしなくても分かるだろ……涼。

シェンムーIIプレイ日記070

虫干しの最中に芳梅がお茶を持ってきてくれる。
涼が「芳梅は猫に似ている」と言うと芳梅は怒っていなくなってしまう。

シェンムーIIプレイ日記071

虫干しが終わると漢輝からまた技書をもらう。

茶碗陣が試せる店を探して聞き込みしていると、大老街の文武菜館を紹介される。

シェンムーIIプレイ日記072

文武菜館で茶碗を並べて待っていると店員から「方来旅社で待て」と書いたメモを渡される。
方来旅社には、そう言えば香港に着いた初日にジョイの口利きで泊めてもらったことがあった。

菜珍街の方来旅社へ向かう途中、通りかかった光武館で玄周善の門下生に呼び止められる。

玄周善からは、友人・桂香さんを地上げ屋から助けたお礼として「シュツ法」を教えてもらう。
玄周善は「武術は人のために使うもの。人助けの役にたてばと思ってな」と釘をさされた。

シェンムーIIプレイ日記073
スポンサーリンク

朱元達の側近

方来旅社で数時間待っていると電話がかかってくる。
電話の主から大老街の文武公園に呼び出される。

文武公園では男たちが待ち伏せしていてバトルとなった。

シェンムーIIプレイ日記074

倒した後に男たちの正体を聞くと、涼と同じく朱元達を探している奴らだと分かった。
彼らから、朱元達はいつも福仙街の「豆将軒」で連絡を取り合っていたことを聞き出す。

豆将軒に行くも、すでに閉店していた。翌日出直し。

シェンムーIIプレイ日記075

翌日、恒例の虫干しが終わると漢輝が現れ、しばらくは虫干しをして平常心を養えと言われる。
その後また技書をもらう。

再び豆将軒。
茶碗を並べて待っていると、男が「夜8時豆将軒」と書いたメモを置いて去っていった。

8時になると、見知らぬ背広の男が現れ、悪そうな奴らが登場して背広の男をさらっていった。

シェンムーIIプレイ日記076

ここからは屋台が並ぶところでジャッキー・チェン顔負けのバトルが始まる。
なかなかかっこいい演出!

すべて倒して進むとさらった奴らに追いつく。涼の後ろには怪しい影が……。

シェンムーIIプレイ日記077

涼が後ろから襲ってきた赤シャツの男をかわすと、いつのまにか目の前の奴らが倒されていた。
密かに秀瑛さんに後を尾けられ、助けられてしまったらしい。

赤シャツの男には逃げられてしまった。

シェンムーIIプレイ日記077a

背広の男を介抱するうちに、秀瑛さんは無言で去っていった。

シェンムーIIプレイ日記078

豆将軒で背広の男から話を聞く。背広の男は朱元達の側近・張と名乗った。

涼が父・巌の話をすると、張は「蚩尤門の手が、もう日本にまで」とつぶやく。
朱元達は蚩尤門に狙われて身を隠しており、張さんも居場所は知らないのだという。

シェンムーIIプレイ日記079

涼が朱元達に会う方法を聞くと、1つだけ手段があるという。危険だが覚悟はあるか?と聞かれ、情報をもらった。

朱元達を狙う組織・黄天会の斗牛と、敵対しているヘブンズのレンならば、なにか情報を持っているかもしれない。ただし、レンは危険な男だから気をつけろと。

涼は朱元達につながる情報を得るため、男・レンを捜す。

【次回のプレイ日記】
>>「④レンを捜す~さよなら湾仔(ワンチャイ)」へ

※記事中全ての画像はシェンムーII PS4版からの引用です。

スポンサーリンク
えむ

えむ

V系でプロのドラマーとして10年間活動後に引退。
過去の経験を活かし、バンドマンへのアドバイス記事を書いている。

現在はサラリーマンとして勤務する傍ら、古本屋めぐりとホラー漫画の収集に凝っている。このブログでは藤子不二雄(A)、伊藤潤二、呪みちるをはじめとして私が愛する漫画作品を紹介している。

FOLLOW

カテゴリー:
あなたにおすすめの記事
関連記事