【シェンムーII攻略プレイ日記】⑤九龍城到着~次なる手がかり?【ネタバレ】

【シェンムーII攻略プレイ日記】⑤九龍城到着~次なる手がかり?

スポンサーリンク

【前回までのおさらい】
香港・湾仔(ワンチャイ)でお世話になった人々に別れを告げた涼。
朱元達に会うため、レンの待つ九龍城へと向かった。

↓前回のプレイ日記はこちら↓

【シェンムーII攻略プレイ日記】④レンを捜す~さよなら湾仔(ワンチャイ)

【シェンムーII攻略プレイ日記】④レンを捜す~さよなら湾仔(ワンチャイ)【ネタバレ】

2019-06-18

スポンサーリンク

九龍城到着

シェンムーIIプレイ日記111

巨大なビルが密集する九龍城。
涼が足を踏み入れると、待ちかまえていたクールJがレンのアジトへ案内を務める。

シェンムーIIプレイ日記112

朱元達と関係があるというヤンを訪ねて、レンとともに安見漢方へ向かう。

安見漢方から龍喜楼

シェンムーIIプレイ日記113

安見漢方でヤンに茶碗陣のメモを見せると、「朱元達と会えるように段取りをつける」との約束を取り付けた。
龍喜楼に行って黒い服の男を探し、「龍は眠らない」という合言葉を言うように指示された。

シェンムーIIプレイ日記114

涼とレンが店を出ると、すぐヤンはどこかへ電話をはじめた。
このまま2人で龍喜楼に向かうのかと思いきや、レンはライバル・斗牛のシマで目立ちたくないとどこかへ行ってしまう。
仕方なく1人で龍喜楼を目指す。

シェンムーIIプレイ日記115

道中で「虎視武術」「無双武術」に立ち寄る。技書を買っておくとトロフィーも達成できるし、戦いの幅も広がる。
技を何個か修得したところで龍喜楼へ。

シェンムーIIプレイ日記116

建物内には怪しい黒服の男が待っていた。片目がつぶれている……? 合言葉を伝えると、次の場所を指示される。階段を上がれ、下がれと言われ指示に通りにすると、ドアに龍の絵が描かれた部屋にたどり着いた。

シェンムーIIプレイ日記117

部屋に入ると、大柄なスキンヘッドの男が椅子に座っていた。
涼が「朱元達か」と問いかけると、男は振り返りながら「朱元達はこんなにハンサムじゃねぇー!」と叫ぶ。
涼が背後から来た雑魚に気を取られ、振り向いたところを、スキンヘッドの男に首をロックされ締め上げられた。
このピンチに現れたのはレン。スキンヘッドの男は、レンと敵対する斗牛だった!

シェンムーIIプレイ日記118

二人は斗牛は圧倒的なパワーに敵わず、捕まって監禁されてしまう。
涼と手錠で繋がれてしまいイライラするレン。涼は冷静に打開策を考えていた。

スポンサーリンク

監禁からの脱出

監禁されること3日。レンは見張りの男に声をかけ、「涼が死にそうだ。もしこいつが死んだら朱元達のことは聞けないぞ!」と脅す。慌ててドアを開けた見張りを倒し、二人は建物からの脱出を目指す。

シェンムーIIプレイ日記119

しかし、手錠の鍵が見当たらず一緒に行動するハメになる。
二人が逃げたのはすぐにバレてしまい、逃げ回った末にある部屋に入る。

シェンムーIIプレイ日記120

部屋には屋上へ上がる階段があり、二人は屋上で夜を明かすことにした。
あまりの面倒にもう関わらないと言うレンだが、涼の敵討ちの相手が藍帝と聞き、一対の鏡の話を聞くと色めき立ち、協力を続けることになった。

シェンムーIIプレイ日記121

翌朝、建物内に戻りエレベーターを目指すと湾仔で何度か会った赤シャツ野郎が登場。
二人して戦うと、赤シャツはあっけなく敗れる。
赤シャツが這いずり逃げようとしたところに斗牛が登場し、二人は再び逃げる。赤シャツは斗牛の部下だったようだ。

シェンムーIIプレイ日記122

逃げた先は行き止まり。後ろからは斗牛が追いかけてくる。
涼は横のビルに飛び移ろうと言い、レンもヤケクソで従う。

シェンムーIIプレイ日記123

二人は決死のジャンプで無事着地。

シェンムーIIプレイ日記124

悔しがる斗牛を尻目にやっと逃げられた。

ウォン&ジョイとの再会

レンのアジトへ戻ると、レンは湾仔から開錠のプロ・ウォンを呼ぶ。

少し前に別れたばかりのウォンとすぐに再会することになるとは……。
ウォンは涼を心配し、「涼を九龍城から安全な場所(湾仔)に連れ帰ること」を条件に手錠を外す。

シェンムーIIプレイ日記125

やっと手錠が外れて喜ぶレン。
レンはウォンとの約束を破り、涼を連れて二人をハメた安見漢方のヤンのところに戻ろうとする。

シェンムーIIプレイ日記126

アジトを出たところに、ジョイが待っていた。
黙って湾仔を出たことを責められる涼。いくらなんでも酷いぞ、涼。
ひとまずジョイは置いておいて安見漢方へ。

スポンサーリンク

次なる手がかり?黄の部屋へ

シェンムーIIプレイ日記127

安見漢方に行き、レンはヤンをとっちめてやった。
ヤンは斗牛に脅されて仕方なく従ったのだという。結局朱元達の居場所は知らなかったようだ。
そして盗聴屋・黄のところへ行けばなにか手がかりがつかめるかもしれないという。

シェンムーIIプレイ日記128

レンは涼に黄の居場所を教える代わりに「鳳凰鏡の秘密が分かったときには分け前をよこせ」と要求。
涼は承諾し、黄のいるという飲茶楼へ向かう。

シェンムーIIプレイ日記129

飲茶楼の入り口は、一階にある飲食店を通り抜けた奥にある。ちょっと変わった作りになっている。
黄の部屋、飲茶楼の902号室を目指す。

入ってすぐ横のスイッチで電気を点けて捜索スタート。盗聴テープを探す。
机の引き出しを探しても何も出てこない。

シェンムーIIプレイ日記130

ダンボールの下に置かれていたゴミ箱に注目して、ダンボールをどけると大量のカセットテープを発見。
持ち帰って聞いてみることに。

涼はアジトに戻ると、レンからレコーダーを借り、テープを一つずつ聞いて、朱元達への手がかりを探す。

シェンムーIIプレイ日記131

有力な情報がないまま、大量にあったテープもどんどん減っていき最後の1つに。
ここからはプレイヤーがレコーダーを操作してテープを聞いていく。
最初は全然関係ない内容だが、面白いものもあるので、時間があるなら聞いておくと良い。
恩田楼で桂香さんと戦っていた地上げ屋の話や、ヤンが斗牛に二人のことを密告した通話などが聞ける。

シェンムーIIプレイ日記132

順々に聞いていると赤シャツ(ユアン)が斗牛に、朱元達の手下を捕まえたと話しているところが録音されていた。
涼は手がかりを求めてユアンの居場所を探す。

↓プレイ日記の続きはこちら↓

【シェンムーII攻略プレイ日記】⑥ユアン捜し~朱元達との出会い

【シェンムーII攻略プレイ日記】⑥ユアン捜し~朱元達との出会い【ネタバレ】

2019-06-18

※記事中全ての画像はシェンムーII PS4版からの引用です。

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

V系でプロのドラマーとして10年間活動後、引退しました。 過去の経験を活かし、バンドマンへのアドバイス記事を書いています。 現在はサラリーマンとして勤務する傍ら、古本屋めぐりとホラー漫画の収集に凝っています。このブログでは藤子不二雄(A)、伊藤潤二、呪みちるをはじめとして私が愛する漫画作品を紹介します。