【シェンムーIII攻略プレイ日記】③孫さんの修行~鐘楼の秘密【ネタバレ】

【シェンムーIII攻略プレイ日記】③孫さんの修行~鐘楼の秘密【ネタバレ】

スポンサーリンク

【前回のおさらい】
燕心エンシンさんを救出するため、涼はゴロツキのボス・顔狼ガンロウに勝負を挑んだが、またしても負けてしまった。
涼はクンフーを積むため、ソンさんに教えを請う。

↓前回のプレイ日記はこちら↓

【シェンムーIII攻略プレイ日記】②石彫師・燕心さんを探す~ゴロツキのボス・顔狼と再び闘う【ネタバレ】

【シェンムーIII攻略プレイ日記】②石彫師・燕心さんを探す~ゴロツキのボス・顔狼と再び闘う【ネタバレ】

2019-12-31
created by Rinker
Deep Silver
¥3,959 (2020/02/24 17:37:55時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

ソンさんの修行

まずソンさんから出された課題は「50年物の老酒らおちゅうの4升瓶を持ってくること」
シェンムーIIIプレイ日記048
毎度未成年に酒を買ってこいとはなんたるじいさんだ……。

近場から当たって行く。
パンダ市場の紅梅雑貨で聞くと店内を勝手に探せと言われるが、50年物は見つからない。
シェンムーIIIプレイ日記049
次に酒屋で聞いてみると「50年物の女ならここにいる」という強烈なシャレが飛んでくるが老酒らおちゅうはない。
シェンムーIIIプレイ日記050
花橋近くの陶陶特価で聞くと店内を探すように言われる。入口から見て右手奥にある壺の中に50年物の老酒らおちゅうを発見!!
シェンムーIIIプレイ日記051
しかし、2000元と高額だった。

持ち合わせがないので、一度退散する。
ここでの金策は薪割り、生薬集め、賭博があるが、そのなかでは賭博が一番手っ取り早い。
広場でアルバイトできる場所を聞くと、みなが口を揃えて「占いがよく当たる」と関係ないことを言ってくるので、察しがつくと思うが、占い→賭けで稼ぐ。
まずパンダ市場から望洛台ぼうらくだいに向かう途中にある占い店で「色占い」をする。
シェンムーIIIプレイ日記052
望洛台ぼうらくだいの賭場で「花鳥風月」をやる。占い師に指定された色に賭ける。
シェンムーIIIプレイ日記053
これを繰り返して所持金を増やしていく。(毎回当たるわけではないので、占い師に聞く前にセーブすると良い)

ある程度木札を稼いだら、パンダ市場にある景品交換所で宝石などと交換し、これを質屋で換金する。
ちなみに景品交換所で交換できる50年物の梅酒はソンさんに通用しなかった。

2000元を持って再び陶陶特価に行き、50年物の老酒らおちゅうを購入。
ソンさんに届けると、「今日は帰れ」と言われ帰宅する。
シェンムーIIIプレイ日記054
翌日、ソンさんと話すと「武功館の白虎に勝ったらまた来い」と言われる。
この時点ですでに勝っていたので、この課題はクリア。
次に古寺にいるニワトリを10羽捕まえるように言われる。
突然のニワトリ捕まえゲームがスタート。
シェンムーIIIプレイ日記055
ゲーム内容はニワトリに近づいて指定されたボタンを押すというもの。
これをクリアすると、ソンさんから、巌と趙孫明チョウソンメイの話が聞ける。
2人はホウ老師を師と仰ぎ、意気投合。ともに修行に励んだが、数年後に趙孫明チョウソンメイは謎の死を遂げたそうだ。
シェンムーIIIプレイ日記056
翌日、ソンさんを訪ねると馬歩まほをやることになる。
シェンムーIIIプレイ日記057

馬歩とは
中国拳法の基礎的な鍛錬の1つ。腰を落とした姿勢を取る。

そしてまたニワトリを10羽捕まえる。
ニワトリを捕まえ終わると、翌日来るように言われる。

涼は気持ちが焦るが、この課題は技の練習だと考えて、投げ出さずソンさんについていく。

翌日は鶏歩けいほでスタートする。

鶏歩とは
中国拳法の基礎的な鍛錬の1つ。腰を落とした姿勢のまま歩く。

次はおなじみのニワトリを10羽の捕獲。
ここまで終わるとソンさんが「基礎力も付いたようだ」とつぶやき、鉄山靠てつざんこうを伝授してもらえる。
シェンムーIIIプレイ日記058

ゴロツキのボス・顔狼ガンロウとの最終決戦

木仙ボクセンに向かい、ゴロツキのボス・顔狼ガンロウに勝負を挑む。
シェンムーIIIプレイ日記059
まずはゴロツキ2人とバトル。これに勝つと顔狼ガンロウとのバトルになる。
見た目通りパワー系で大振りの攻撃が多いので回避しながら戦えば勝てる。
最後に鉄山靠てつざんこう顔狼ガンロウを倒す。
シェンムーIIIプレイ日記060
莎花シェンファ燕心エンシンさんを解放して一息つこうとした瞬間、チャイが襲撃してくる。
シェンムーIIIプレイ日記061
チャイのバット攻撃を回避するとバットが顔狼ガンロウに直撃。なんとも悲惨だ。
涼はのびている顔狼ガンロウを花橋の門番2人に託した。

その後、涼は顔狼ガンロウを尋問しようとするが、若年ゆえになめられていて情報を引き出すことができない。
シェンムーIIIプレイ日記062
ひと通り質問し終わると、莎花シェンファからみんな外で待つように言われる。
全員が外に出ると部屋の中から顔狼ガンロウの悲鳴が聞こえてきた。

再び室内に入ると顔狼ガンロウはすっかり弱っていて、質問に答え始めた。

  • 最初に受けた命令は、洮河緑石とうがりょくせきを探すこと
  • 次に石彫師をさらうこと
  • エンさんはすでに上の連中に引き渡された
  • 組織のアジトは漓江りこうぞいの町にいくつもあるため、エンさんがどこに連れて行かれたかは知らない
  • 顔狼ガンロウに命令したのはチャイではないもっと上の連中
  • チャイは監視役

そしてチャイはヨウばあさんのところで何かを企んでいるという。
涼と莎花シェンファは広場にあるヨウばあさんの家に急ぐ。
シェンムーIIIプレイ日記063

スポンサーリンク

鐘楼しょうろうの秘密

涼がヨウばあさんに鳳凰鏡を渡し、莎花シェンファが頼み込むとヨウばあさんは花橋について語りはじめた。
シェンムーIIIプレイ日記064
そしてヨウばあさんの家から6つの鍵を探し出し、鐘楼しょうろうに登るようにと言われた。

酒の木札
シェンムーIIIプレイ日記065
月の木札
シェンムーIIIプレイ日記066
拳の木札
シェンムーIIIプレイ日記067
剣の木札
シェンムーIIIプレイ日記068
鶴の木札
シェンムーIIIプレイ日記069
龍の木札と陰陽太極図が書かれた紙
シェンムーIIIプレイ日記070

すべて揃えると木札を持って鐘楼しょうろうに登るように促される。
ストーリーの進行上、鐘楼しょうろうに登ると白鹿村はっかそんに戻ることはできなくなる。
シェンムーIIIプレイ日記072
鐘楼しょうろうに登るとそれぞれの柱にマークがあり、その下に木札を入れる穴が空いている。
シェンムーIIIプレイ日記073
盾ー剣、饅頭まんじゅうー酒、太陽ー月、手ー拳、亀ー鶴、鳳凰ー龍と柱の絵と対になる木札を入れていく。
すると階段が降りてきて、登れるようになる。
シェンムーIIIプレイ日記074
隠し部屋に登ると、内部に木製の輪蔵りんぞうがあった。

輪蔵とは
古い寺にあり、中にはお経が収められているもの。

輪蔵りんぞうを調べると刀を挿す穴を発見。莎花シェンファが持っていた刀を挿す。(なぜ持ち歩いていたんだ……)
シェンムーIIIプレイ日記075
すると輪蔵りんぞうが動かせるようになるので、ヨウばあさんの家で発見した陰陽太極図が書かれた紙を参照し、図の通り上から右・右・右・左・左・左・右・右と回していく。
シェンムーIIIプレイ日記076
回し終わると中から巻物をくわえた金の龍の像が現れた。
シェンムーIIIプレイ日記077
涼と莎花シェンファは巻物を持ってヨウばあさんのところへ戻った。
巻物に描かれていたのは、龍と鳳凰と宝の絵、そして鵜飼うかいの船と大きな穴の開いた岩だった。
シェンムーIIIプレイ日記078
ヨウばあさんによると漓江りこう鳥舞ちょうぶという町があり、そこに穴通し岩という岩があるらしい。
最後に描かれた絵は絶壁の山、ここが財宝のありかだと言う。
シェンムーIIIプレイ日記079
ヨウばあさんから話を聞き終わり外に出ると、チャイが現れ巻物を奪っていった。
シェンムーIIIプレイ日記080
そのまま逃げようとするチャイを莎花シェンファが挑発し、涼とのバトルに。
涼がバトルに勝ち、チャイに尋問する。
シェンムーIIIプレイ日記081
ゴロツキたちは石彫師2人(エンさんとジョさん)を連れて鳥舞ちょうぶに向かったらしい。
ここまで聞き出したところで、チャイは逃走。

涼と莎花シェンファ鳥舞ちょうぶに向かうことを決意し、それぞれの夜を過ごすのだった。
シェンムーIIIプレイ日記082
シェンムーIIIプレイ日記083

↓プレイ日記の続きはこちら↓

【シェンムーIII攻略プレイ日記】④鳥舞到着~レッドスネークを追う【ネタバレ】

【シェンムーIII攻略プレイ日記】④鳥舞到着~レッドスネークを追う【ネタバレ】

2020-01-12

※記事中全ての画像はシェンムーIII PS4版(©SEGA ©Ys Net)からの引用です。

created by Rinker
Deep Silver
¥3,959 (2020/02/24 17:37:55時点 Amazon調べ-詳細)

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

V系でプロのドラマーとして10年間活動後、引退しました。 過去の経験を活かし、バンドマンへのアドバイス記事を書いています。 現在はサラリーマンとして勤務する傍ら、古本屋めぐりとホラー漫画の収集に凝っています。このブログでは藤子不二雄(A)、伊藤潤二、呪みちるをはじめとして私が愛する漫画作品を紹介します。