元ヴィジュアル系バンドマンだけど税理士になりたい

start-top

スポンサーリンク

元ヴィジュアル系バンドのドラマー えむ (@mnb_yx)です。

私が音楽活動をやめようと思ったのは28歳のとき。

音楽をやめてから特にやりたいこともなく、明確な目標があったわけではありませんでした。

まずは世の中にどんな仕事があるのか調べるため、おもしろそうな仕事をググる日々。

そして税理士という仕事に出合いました。

このエントリーでは、私がなぜ音楽活動をやめる決意をしたのか。

そして、税理士に興味を持った理由についても書いていきます。

私がバンドマンを続けていくのは無理だと思った理由

start-01

バンドマンのターニングポイント

バンドマンにはターニングポイントになるタイミングがあります。

大学卒業や、キリのいい数字である25歳、30歳。

それぞれのタイミングで一度立ち止まり、このまま音楽を続けていくべきか、やめて別の道を探すが考えることになります。

売れている人でも、業界に疲れてやめる人もいますし、家庭の都合でやめる人もいます。

私の場合はバンドを始める前に、25歳までに売れなければやめると決めていました。

結局25歳になったときは、バンドをやめてフリーになったばかりだったので、音楽へのモチベーションが高く、活動を続けることになりましたが(`・ω・´)

フリーになってからの楽しさと葛藤

フリーになってからは、お仕事もいただけて順調だなーと感じる時期もありました。

いろんなバンドさんで演奏させてもらうのは、とても面白かったです。

自分のバンドだけでは体験できない事もありました。

しかし活動の幅が広がるにつれて、私はあることにどんどん神経質になってしまったのです。

ドラムを演奏することが楽しくなくなった

仕事をくれたバンドさんたちは、「えむさんの好きにやってください」と言ってくれるバンドさんばかりでした。

私もその期待に応えようと、バンドさんがやりたいことを完璧にこなそう思うあまり、極端にミスを恐れてしまったのです。

誰も気がつかないような細かいミスでも自分を責めてしまい、どんどん自信がなくなっていきました。

好きではじめたドラムなのに、ドラムセットに座ることが辛い。

私はドラムを演奏する楽しさを忘れてしまいました。

スポンサーリンク

音楽をやめて次にやりたい仕事を探す

start-02

音楽をやる目的を見失った私は、音楽で生活することをやめる決心をしました。

やめると決めたものの、次に何をするのか考えていなかったので、まず自分がどんな仕事をやりたいのか考えてみました。

業界にバンドマンが少ない

バンドマン、もっというとヴィジュアル系バンドマンが開拓していない業種がいいと思いました。

私が開拓したら、後輩のバンドマン達も入りやすくなるかもしれないし、何より開拓する感じが楽しそうです(*´ω`*)

いろんな会社の状況を知りたい

今までは音楽のことばかり考えていて、他の仕事に興味を持つことがありませんでした。

次の仕事では、会社がどんな事業をしているのか、どのように収益を上げているのかを数多く知りたいと思ったのです。

今後のためにも、いろんな会社の状況を把握できる仕事に就きたいと思いました。

元々持っているスキルをレベルアップしたい

私の商業高校出身というバックグラウンドを生かした仕事をやりたいと考えました。

そんな大した知識ではないけれど、簿記を勉強するのは楽しかったですし、私の好きなITも絡んだらさらに面白くなりそうです。

簿記とITが絡むような仕事をしつつ、そのレベルも上げていければ最高ですね。

3つの条件をクリアするのは税理士だった

  • 業界にバンドマンが少ない
  • いろんな会社の状況を知りたい
  • 元々持っているスキルを生かしたい

この3つの条件で探し当てた仕事は税理士でした。

  • 税理士業界にはバンドが少なく、ヴィジュアル系出身の人は、ほぼいない。
  • 税理士事務所であれば、いろんな顧問先を抱える事になるので、いろんな業種の内情が分かる。
  • 仕事をしながら簿記のレベルアップができる。

条件に完全一致したと思った私は、軽い気持ちで税理士を目指すことにしました。

税理士業界に飛び込んでみる

start-03

簿記の資格は全商(商業高校で取れる資格)しか持っていなかった私は、日商簿記3級、2級を取得しました。

税理士事務所でも日商2級程度持っていれば、採用してもらえるところもあります。

私は日商簿記2級を取ってから税理士事務所に転職しました。

これから先の道のりは、まだまだ長いですが頑張ってみようと思います!

まとめに

音楽は楽しい。これは今だから思える事だと思います。

あのときの自分に「そんなにキッチリやらなくていいんだよ」と言えたらなーと考えたりもします。

それでもあの苦しみがあったからこそ、今の自分があると思えるようになりたいと思います。

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーサブカル男子が「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 メインジャンルは音楽、マンガ、本。 音楽に関しては、元ヴィジュアル系バンドのドラマーという経歴から、バンド活動についても書いています。 ちなみにメンズです。 《詳しいプロフィールページはこちら⦆