【鹿島アントラーズ】鈴木優磨はどんな選手なのか?【プレースタイル】

スポンサーリンク

鹿島サポーター えむ (@mnb_yx)です。

2015年に鹿島アントラーズユースから昇格した鈴木優磨選手。

気持ちの入ったプレーと何かやってくれそうな雰囲気があり、鹿島アントラーズサポーターからも人気がある選手です。

クラブワールドカップで注目を浴びたものの、普段Jリーグを見ていない方からすると、鈴木優磨選手って何がすごいの?と思ってしまいますよね。

この記事では、鈴木優磨選手のプレースタイルなどについて考えていきます。

鈴木優磨選手のデータをチェック

名前:鈴木優磨(SUZUKI YUMA)

ポジション:FW / MF

身長/体重:182cm / 75kg

生年月日:1996/04/26

利き足:右

所属:鹿島アントラーズ(2015-)

 

鹿島アントラーズジュニア→ジュニアユース→ユースと上がってきており、鹿島アントラーズの魂を持った選手です。

ユース時代にタイトルを取っていることもあり、トップチームに昇格する前から鹿島アントラーズサポーターの間では注目されていました。

ユースからトップチーム昇格後、試合に絡めず去っていく選手も多いなか、昇格初年度からJリーグの試合に出場し、初出場で初ゴールを決め、一気にサポーターの心をつかみました。

今まで使っていた「ゴール鹿島」のチャントを「ゴール優磨」に変更するほど、サポーターから愛されています。

鈴木優磨選手のポジション

鈴木優磨ポジション

鈴木優磨選手の基本ポジションはFWです。
チーム事情や戦術によってサイドハーフに入ることもあります。

スポンサーリンク

鈴木優磨選手のプレースタイル

闘争心を前面に出したギラギラ系FWです。

サイドで起用されたときには、ドリブルを仕掛けることも多く、サイドを突破するプレーも見られます。

◎クロスへのポジショニングとヘディングの強さ

そこまで上背がある選手ではありませんが、クロスへのポジショニングとヘディングの強さは鈴木優磨選手のストロングポイントです。

センターバックとの駆け引きはもちろん、ゴール前での競り合いにも強くセンターバックと競りながらゴールを決めることができます。

◎ゴリゴリいくドリブル

サイドで起用されたときに鈴木優磨選手がよく使うゴリゴリドリブル。

体のフェイントだけでディフェンスをかわし、クロスを出す場面もあります。

○体を張ったプレー

徐々に体を張ったプレーも上手くなってきました。

チームが苦しいときにFWがキープし時間を作ったり、ファールをもらえると助かります。

ポストプレーにも積極的にチャンレンジし、ボールが収まる場面も見られるようになりました。

△プレー・メンタルの波

今まではボールを触る回数や、守備一辺倒なゲーム展開だとメンタルが落ちてしまっているように見えました。(下を向いてゆっくり相手ディフェンスにプレスをかけるなど)

それによって、ノッているときは良い選手というイメージがありました。

2018シーズンは責任感が見え、チームを鼓舞する姿勢も見えますし、弱点ではなくなりつつあります。

まとめ

鹿島アントラーズの新エース候補鈴木優磨選手を紹介しました。

鈴木優磨選手のプレースタイルをまとめると…

鈴木優磨選手のプレースタイルまとめ
  • ゴール前でのポジショニングが上手いFW
  • ゴリゴリと突撃するドリブルも魅力
  • ポストプレーやメンタルが課題だったが、改善しつつある

いまや鹿島アントラーズのエースになりつつある鈴木優磨選手。

これからの活躍に期待ですよ!

Twitterバナー
 

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーサブカル男子が「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 メインジャンルはサブカル、サッカー(鹿島アントラーズ、シャルケ)、音楽など。 音楽に関しては、元ヴィジュアル系バンドのドラマーという経歴から、バンド活動についても書いています。 ちなみにメンズです。 《詳しいプロフィールページはこちら⦆