「太鼓の達人」ドラマーなら誰でも上手い説 を否定したい

2 min
「太鼓の達人」ドラマーなら誰でも上手い説 を否定したい
スポンサーリンク

みんなでワイワイしながらゲーセンに行くとき、元ドラマーの私は恐怖を感じる。

そこには、和田どん&和田かつが待っているからだ!

このエントリーは、ゲーセンに行くたび「『太鼓の達人』とか上手いんでしょ?」って言われるのに疲れた私の話だ。

スポンサーリンク

ドラマーなら「太鼓の達人」イケるんじゃないの?

太鼓の達人01

ゲーセンに行くたびに言われる「ドラマーなんだから『太鼓の達人』やってよ!」

ドラマーと言われてしまったからには、私も「その挑戦受けてやるわよ」と返すしかない。

どうやら世の中の方々はドラムが叩ける=太鼓の達人がうまいという考えのようだ。

そこで私は声を大にして伝えたい。

https://mnb-y.com/wp-content/uploads/2020/03/emu-fukidashi.png

えむ

ドラムと「太鼓の達人」は別物だ!

スポンサーリンク

ドラムと「太鼓の達人」は何が違うのか

太鼓の達人02

持っている棒が違う

ドラムと和太鼓では叩く棒が違う。ドラムはスティック、和太鼓はバチだ。

参考までにこれがスティック。

これがバチ。

並べてみると…

太さも違うし、長さも違う。

https://mnb-y.com/wp-content/uploads/2020/03/emu-fukidashi.png

えむ

このためだけにバチ買った

叩く姿勢が違う

ドラムといえばドラムセットがある。立って演奏している人を見たことがあるだろうか?
ほとんどいないだろう(私は立奏の先輩を何人か知っている……)

立って演奏するのと座って演奏するのはかなり違う。

譜面が流れてくる!

ドラムを演奏するときは自分のバンドなら楽譜を記憶しているので、そのとおり演奏する。
仕事で行ったサポートの現場では、ドラムセットの横に譜面台を置く。
(譜面ほ確認程度しか見ていないけど…)

どちらにしても、演奏前に大体の演奏内容は把握している。

「太鼓の達人」はどうだろう?
叩くちょっと前に譜面が流れてくる。

https://mnb-y.com/wp-content/uploads/2020/03/emu-fukidashi.png

えむ

そんな直前に言われてわかるかい!

スポンサーリンク

 なんとかしてドヤりたいドラマー

太鼓の達人03

違いがどうのと言っても、やると言ってしまったからにはすげぇーと言われたい。
私の場合は和太鼓についての知識は全くないので、ドラマー流のアレンジが入る。

テレビで見たやつだと肩幅で立ってたな。
やっぱりバチの握りはスティックと同じで、キッチリじゃなく、緩めだな。

などなど、テレビで見た知識とドラムの知識をフル動員して「太鼓の達人」に挑む。

https://mnb-y.com/wp-content/uploads/2020/03/emu-fukidashi.png

えむ

ドラマーってすげぇーな!って言われたい……

スポンサーリンク

全然出来なくて絶望する

太鼓の達人04

「せっかくドラムができるんだから難しいやついこうぜ!」というフリがきたら最後。

流れる譜面にアタフタした挙句、バチをガッチガチに握ったまま、曲が途中で強制終了。
ガヤガヤと賑やかなゲーセンにいるはずなのに、無音に感じた刹那。

私は絶望していたのでありました。

https://mnb-y.com/wp-content/uploads/2020/03/emu-fukidashi.png

えむ

上手い人もいるよ!

スポンサーリンク

おわりに

みなさん、これからは軽いノリでドラマーに「太鼓の達人」をやらせないようにしよう。
とはいえ「ドラムマニア」よりはマシですが……。

私はなにが言いたかったのかというと、

https://mnb-y.com/wp-content/uploads/2020/03/emu-fukidashi.png

えむ

太鼓の達人がうまくなりたい

created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント
¥5,636 (2020/08/04 12:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
えむ

えむ

V系でプロのドラマーとして10年間活動後に引退。
過去の経験を活かし、バンドマンへのアドバイス記事を書いている。

現在はサラリーマンとして勤務する傍ら、古本屋めぐりとホラー漫画の収集に凝っている。このブログでは藤子不二雄(A)、伊藤潤二、呪みちるをはじめとして私が愛する漫画作品を紹介している。

FOLLOW

カテゴリー:
あなたにおすすめの記事
関連記事