【吉澤嘉代子】『SONGS』放送内容まとめ

吉澤嘉代子『SONGS』

スポンサーリンク

吉澤嘉代子さんが大好きな私、えむ (@mnb_yx)です。

クオリティの高い音楽番組として名高いNHKの『SONGS』に吉澤嘉代子さんが出演しました。

吉澤嘉代子さんが語った言葉、自室に揃えてある本など、ファンにとっては嬉しい放送内容がてんこ盛りでした。

この記事では、吉澤嘉代子さんが出演した『SONGS』の放送内容をまとめます。

吉澤嘉代子がお気に入りの場所

インタビューは、吉澤嘉代子の地元・埼玉県川口の河川敷で行われた。
この河川敷は、吉澤嘉代子が子どもの頃から来ている場所で、今でも落ち込んだ時に来る。

子どもの頃に、飼っていた犬の散歩で河川敷を訪れた。
ちゃんと歩かない犬で、わーって走り出しちゃうけど、嬉しそうだから、また連れてきたくなる。

ずっと一緒に入られる友達は犬だけだった。

吉澤嘉代子の部屋

真っ白な机の上にはノートパソコン。

机の上段の棚には、吉澤嘉代子がお気に入りの本がぎっしりと入っている。

机の左の棚は歌詞ノートが入っていた。

机の横には棚があり、1段目にはかわいい小物が並び、2段目にはCDが入っている。

吉澤嘉代子さん所有の本

補足
背表紙からタイトルが分かった本をまとめました。

スポンサーリンク

吉澤嘉代子の歌詞ノート&歌詞のイメージ

吉澤嘉代子の歌詞ノートには、曲ごとに細かい人物設定が書き込まれている。

地獄タクシー

登場人物のスケッチがある。
女性のスケッチの近くに34〜36と書いてあり、その年齢をイメージしているよう。

それ以外に書き込まれていた事
  • タクシーかりる
  • おおきなカバン
  • うつくしすぎる奥さん
  • レースの手袋
  • 大正
  • お金持ち
  • 家にいびられ 子無し

残ってる

その子は、大学3年生ぐらいで、アルバイトをしてる。

日曜日から月曜日になって平日が始まって、
でも、その子は大学の授業入ってないみたいなイメージ。

吉澤嘉代子の言葉

吉澤嘉代子にとっての物語

私にとっては物語が1本のわらだった。
自分じゃない何かに変身することによって、その物語を読んでいる間、ひとときの間、
まさに読みかけの本があるうちは守られている気がしていた。
それによってバランスを保っていた。

補足
「読みかけの本があるうちは守られている気がしていた」は、吉澤嘉代子の3rdアルバム『屋根裏獣』に収録されている「一角獣」の歌詞の一部

関連吉澤嘉代子『屋根裏獣』全曲レビュー

サンボマスターとの出会い

テレビを見ていたら、サンボマスターが歌っていた。
サンボマスターは私を知らないけど、確実に私目がけて訴えかけてきていると思った。
サンボマスターの熱量が、そのときの自分が欲していた熱量とピッタリ合わさった瞬間だった。
その時に自分もそういう歌が歌いたいって強く思った。

曲が出来上がるっていう瞬間から、ずっと震えが止まらなくなって、クラクラした。
これを通して私は世の中とつながれるのかもしれないって、初めて人生の光が見えたっていったら大げさなんですけど。

吉澤嘉代子が歌うこと

自分が絶対生きててなり得ない職業とか、ことばの使い方とか思い切り演じられる。
3分4分の間だけ、誰かになって、その人生を生きる時間が、自分にとって、今生きてるって感じになる。

頑張れみたいな歌を歌う気は、さらさらないんですけど、自分が人生を楽しむことによって、逃げた先に扉があるということを肯定したい。

吉澤嘉代子は今楽しいか

楽しいことも苦しいこともあるんですけど、今までの人生でずっと今が一番楽しいです。
子どもの頃に戻りたいと思ったことは一度もない。

大人はその楽しさを子どもに伝える義務があると思ってる。
それが大人の仕事。

だから、大人は個性的じゃなければいけない。
楽しまなきゃいけない。

※出典:NHK「SONGS」

おわりに

吉澤嘉代子さんのお気に入りの本が映されたシーンに思わず身を乗り出した吉澤嘉代子さんファンも多かったのではないでしょうか?
ファンとしては、この1冊1冊を読んで、吉澤嘉代子ワールドの源にふれてみたくなりますね。
私も読んでみたい本がいっぱい見つかりました。

そして、今一番楽しいですか?と聞かれたときに吉澤嘉代子さんが伝えてくれた言葉。

「大人はその楽しさを子どもに伝える義務があると思ってる。それが大人の仕事」

ただ日常を生きていると、毎日に疲れてしまって、今が楽しいのかを振り返ることが出来なくなってしまいます。
そんな時は自分を日常から切り離して、子どもに伝えられるぐらい人生を楽しめてるか、考えてみたいと思います。

Twitterバナー
 

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーサブカル男子が「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 メインジャンルはサブカル、サッカー(鹿島アントラーズ、シャルケ)、音楽など。 音楽に関しては、元ヴィジュアル系バンドのドラマーという経歴から、バンド活動についても書いています。 ちなみにメンズです。 《詳しいプロフィールページはこちら⦆