吉澤嘉代子のおすすめ曲5選とその魅力

吉澤嘉代子おすすめ曲

スポンサーリンク

吉澤嘉代子さんが大好きな私、えむ (@mnb_yx)です。

少女。女性。魔女。「吉澤嘉代子」という存在は一言では表せません。

吉澤嘉代子さんの曲は、気持ちの良いBGMをバックに素敵な短編小説読んでいるような気分にさせてくれるのです。

このエントリーでは、吉澤嘉代子さんの良さとおすすめ曲を紹介します。

吉澤嘉代子さんの魅力

まるで小説?詞の世界観に吸い込まれる

吉澤嘉代子さんの真骨頂はズバリ、詩です。

文学少女らしく、素敵な言葉に乗せられて、気付いたら知らない場所に連れて行かれたような不思議な詩なのです。

ただ曲を聞き流すのではなく、彼女のように、詩をじっくり読みたくなるようなアーティストは、なかなかいないでしょう。

昭和歌謡を現代風にアレンジ すっと心に溶け込む楽曲

幼少期ってどんな音楽を聞くでしょうか?

両親が何かのジャンルに心酔していなければ、多くの人はJ-POPが自然と耳に入るでしょう。

彼女のバックグラウンドには井上陽水をはじめとして、日本の歌謡界を彩ったさまざまなアーティストがいます。

どこか懐かしく感じる楽曲たちに、親近感を感じるけども古臭いわけではない。

吉澤嘉代子さんはこのバランス感覚が抜群なのです。

吉澤嘉代子さんのおすすめ曲5選

私の拙い文章で説明するには限界がありますので、早速ですが、曲を紹介していきます!

『地獄タクシー』

私が吉澤嘉代子さんにハマるきっかけになった曲です。

まず冒頭の歌詞。

穏やかな昼下がり、私はタクシーに乗って空港へと向かっておりました。
レースの手袋に滲んだ赤黒い染みを隠して、重い鞄を抱きしめた。

吉澤嘉代子「地獄タクシー」より引用

1番は女性視点、2番は男性視点で語られる物語。

江戸川乱歩を感じさせるような言葉選び。

おどろおどろしい歌詞に対して軽やかでレトロな曲調。

彼女の妄想力が余すところなく発揮された1曲です。

YouTubeでは歌詞も表示されますので、ぜひ歌詞を読みながらこの物語を味わってください。

「地獄タクシー」は3rdアルバム『屋根裏獣』に収録されています。

関連吉澤嘉代子『屋根裏獣』全曲レビュー

『東京絶景』

東京ってどんなところでしょう?

人によっていろいろな東京があるでしょう。

ネオンがきらめいているかもしれないし、排気ガスで薄汚れた空気を闊歩する大量のスーツ姿でよどんで見えるかもしれない。

その中で、自分にとっての東京絶景とはなんなんだろう?

彼女が切り取った東京絶景には、こんな景色があったんだなと思い起こさせてもらえます。

『手品』

『手品』は恋愛の歌なのです。

と聞いてどんな詞・曲を思い浮かべるでしょうか。

女の子が彼氏に手品でも見せるのかなーなんて思っていると予想を裏切る事になるでしょう。

手品を何のために使うのか。

軽やかな曲調に合わせて使われる手品。

この曲の最後の歌詞に注目してください。

ちなみにこの曲は北原ミレイさんの『さんげの値打ちもない』にインスパイアされたそうです。

この曲も名曲です。

『綺麗』

綺麗でいられると思う時間は人それぞれで、一瞬かもしれないけど、一生かもしれない。

愛する人には綺麗な私を見て欲しいし、その思い出のまま、ずっといたい。

そんなとき、どうするだろうか。

あの夜の私を 思い出して
一生綺麗だって 思ってくれるのなら
いいな いいな

吉澤嘉代子「綺麗」より引用

主人公の純粋な気持ちと選んだ道。

ぜひ聞いて確かめて下さい。

「東京絶景」「手品」「綺麗」は2ndアルバム『東京絶景』に収録されています。

『ケケケ』

ここまで紹介してきた、吉澤嘉代子さんのイメージを覆す曲を1曲。

散々世界観がーと言ってきたなかで紹介しにくいのですが、こういう一面もあるよということで……(笑)

YouTubeのサムネがすでに意味を表しているんですが、『ケケケ』はムダ毛とおさらばする曲です。

吉澤嘉代子さんはユニークな曲も書けるんです!

しっとりした気分を吹き飛ばすパワフルな歌です。

「ケケケ」は1stアルバム『箒星図鑑』に収録されています。

おわりに

吉澤嘉代子さんの曲を5曲に絞るのが辛いほど、他にも素晴らしい曲がいっぱいあります。

吉澤嘉代子さんの妄想の世界を楽しんだり、音楽にうっとりしたり、日常から少しワープして吉澤嘉代子ワールドを堪能しましょう。

今回紹介したなかで、お気に入りの曲が見つかったら、ぜひCDを買ってみてください。

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーサブカル男子が「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 メインジャンルは音楽、マンガ、本。 音楽に関しては、元ヴィジュアル系バンドのドラマーという経歴から、バンド活動についても書いています。 ちなみにメンズです。 《詳しいプロフィールページはこちら⦆