川島のりかずの絶版ホラー漫画を図書館にて【無料】で読む方法

川島のりかずの絶版ホラー漫画を図書館にて【無料】で読む方法

スポンサーリンク

ホラー漫画好きの私、えむ(@mnb_yx)です。

マニアの間で評判の高い、川島のりかずという漫画家がいる。しかし版元のひばり書房自体がなくなってしまい、現在は入手困難に陥っている。

古本価格が高騰している作品も多く、未読の状態で手を出すのははばかられた。

そんな折、国際こども図書館で川島のりかずの絶版本が読めるというツイートを見つけ、行ってみた。(2018/9/11)

スポンサーリンク

川島のりかず作品の市場価値

元々、ひばり書房から出版されている単行本の定価は380円から。

川島のりかず『中学生殺人事件』

出典『まんだらけトラッシュNo.05』P35

現在、川島作品で特に高騰しているのは『中学生殺人事件』だ。
まんだらけの買取価格が85,000円 (2018/6/22時点)で、Amazonでの販売価格は375,640円(2018/9/11時点)
ぜひ読んでみたいと思ったが、国際こども図書館の蔵書になかった。

川島のりかず『フランケンシュタインの男』

出典『まんだらけトラッシュNo.05』P8

次に高値をつけているのが『フランケンシュタインの男』
まんだらけの販売価格が25,000円 (過去の価格)で、ヤフオクでは約32,000~37,000円で落札されている(2018/9/11時点)
こちらは蔵書があったので、今回は『フランケンシュタインの男』を目玉として読みに行った。

国際こども図書館での閲覧手続き

国際こども図書館外観

国際こども図書館入口

国際こども図書館

住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園12-49
休館日:月曜日、国民の祝日・休日(5月5日のこどもの日は開館)、年末年始、第3水曜日
開館時間:9:30-17:00
※資料請求や複写の受付時間もあるため、用途によって確認が必要

国際こども図書館は東京・上野にある。国立国会図書館の施設のうちの一つだ。かなり大きな建物で、雰囲気が良い。

レンガ棟の入り口から入り、連絡通路を通って新館のアーチ棟へ。2階の児童書研究資料室がお目当ての場所だ。

入室時は荷物をコインロッカーに預けて、貴重品、筆記用具を備え付けの透明なビニール袋に入れる。
受付で資料室利用カードを受け取り、いそいそとPCの前に座る。カードキーを読み込ませるとPCが使用可能となる。川島のりかず作品は閉架になっており、PCで資料請求する必要がある。請求してしばらくすると準備ができたことを知らせる通知がくる。準備時間は30分程度と案内されたものの、平日で空いていたのか、10分ほどで本を受け取ることができた。

スポンサーリンク

収蔵作品ひとこと紹介【ネタバレなし】

時間の関係で4冊しか読むことができなかったが、『フランケンシュタインの男』が読めたのは嬉しい。内容としては、化け物のお面をかぶって子どもを脅かす狂った男を描いた作品だ。

『殺しても生きてる女』は円満な家庭に突然入り込んだ女が、家族が散々に引っかき回す恐怖を描く。

『私を殺さないでよ!』はドッペルゲンガー(作中ではオーストコピー)を扱い、自分に起きる不幸の予兆現象を物語に仕立てている。

『ちぎれた首を抱く女』は、婚約者よりも婚約者似のロボットを愛した女の悲劇を描くSF作品であった。

ここまで読み終えたところで、タイムリミットとなった。

この他に収蔵されている5冊については、次の機会に読んでみたい。

おわりに

絶版入手困難本は国会図書館で読むという選択も悪くない。

すべての本が網羅されているわけではなく、収蔵作品の入れ替えもあり得るので、事前に蔵書検索をした上で行くことをおすすめする。

国立国会図書館オンライン

どうしても手に入れたい方はメルカリで掘り出し物を探してみてはいかがだろうか(ウェブで簡単に検索&登録できる)

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

V系でプロのドラマーとして10年間活動後、引退しました。 過去の経験を活かし、バンドマンへのアドバイス記事を書いています。 現在はサラリーマンとして勤務する傍ら、古本屋めぐりとホラー漫画の収集に凝っています。このブログでは藤子不二雄(A)、伊藤潤二、呪みちるをはじめとして私が愛する漫画作品を紹介します。