伊藤潤二『潰談』ストーリー・おすすめポイント【ネタバレあり】

伊藤潤二『潰談』

スポンサーリンク

伊藤潤二先生への愛がほとばしる私、えむ(@mnb_yx)です。

伊藤潤二作品のなかで、不思議なホラー作品に位置する『潰談』

蜜の魔力と、見つかってしまったら死んでしまうという恐怖。

『潰談』は、人が欲望に抗えない姿を描いた作品です。

この記事では『潰談』のストーリーと私が選ぶおすすめポイントを紹介します。

注意

この記事はネタバレを含みますので、未見の方はご注意ください。
作品の説明で、一部不快な表現がある場合があります。お含みおきくださいませ。 

スポンサーリンク

『潰談』のストーリー【ネタバレ】

尾木は命がけで持ち帰ったという壺を杉男に見せていた。

壺の中には蜜が入っているという。

 

南米を旅していた尾木は、ジャングルに迷い込み、ある部族の集落にたどり着く。

その部族からは歓迎され、土産に蜜入りの壺をもらった。

蜜は現地特有の植物から採ったもので、彼らは命がけで採取しており、信仰の対象にもしているらしい。

 

尾木は、蜜のうまさの虜になっていた。

杉男にも蜜を薦めたが、蜜をなめるときは「気づかれないようになめろ」と警告する。

それは現地住民から念を押されていたことだった。

杉男は蜜をなめるとあまりのうまさに興奮し、もっとくれとせがむが、尾木はそれ以上なめさせなかった。

尾木の部屋をあとにした杉男は、コンビニでパンを買い食いするが、パンがまずく感じ、あの蜜のうまさを思い出していた。

 

数日後、尾木の部屋のドアを叩く杉男たち。

杉男たちは、尾木の反応はないため、開いていた窓から部屋に入る。

壺を見つけた杉男たちは、蜜をなめ、そのうまさに驚いていた。

部屋に漂う悪臭に気がついた有枝が、隣の部屋のドアを開けると、壁一面になにかが潰されたようなが跡あった。

ベリベリとはがれ落ちた物体。

それをまじまじと見ると骨が突き出ていたり、服のようなものも見える。

顔面蒼白になる杉男。

その服は、尾木が着ていた服だった。

一同は尾木の部屋を出る。

部屋を出る途中、杉男は部屋に落ちた地図を持ち帰った。

 

持ち帰った蜜を分け合う杉男たち。

分けられた蜜を早速なめた安ミンが、突然壁に叩きつけられべシャンコになった。

一同は、尾木と安ミンがなぜペシャンコになったのか考えを巡らせる。

リルコは警察を呼ぶというが、面倒を嫌った亀田がリルコをなだめ、一同は部屋を出た。

 

外で再び蜜をなめた亀田とリルコ。

すると今度はリルコがペシャンコになった。

その様子を見ていた杉男は、蜜をなめるとペシャンコになると気がついた。

しかし、リルコと一緒に密をなめていた亀田はペシャンコになっていない。

そして杉男は、尾木が言っていた言葉を思い出す。

「この蜜は気づかれないようになめろ」

もしかすると、蜜をなめたとき、なにかに気づかれなければ大丈夫なのではないか。

亀田は、怯える杉男と有枝に付き合っていられないと言い、その場を去っていった。

 

数週間後、杉男と有枝はファミレスで食事をしていた。

しかし、あの蜜以外は何を食べてもまずく感じる。

店を出た2人は、リルコや安ミンの潰死がニュースになっていると話していた。

他にも同じようなニュースが流れていたが、その被害者は、亀田の友人ばかりだった。

 

杉男と有枝の前に姿を見せた亀田。

亀田は、友人たちを使って、なにかに「バレるかバレないか」を試したようだ。

河川敷で蜜の誘惑に耐えていた3人だが、ついに耐えきれなくなった有枝は、蜜をなめてしまう。

それを見た杉男は、ボトルに入った蜜を一気に飲んだ。

すると、ビタンという音とともに杉男はペシャンコされてしまった。

有枝はその時に、杉男を叩き潰すなにかを見た。

錯乱状態になった有枝。

気づかれても叩き潰されない方法があると叫んだ有枝は、川の中に入り、そこで蜜をなめた。

その様子を見ていた亀田が、ふと目線を上げると、巨大ななにかが現れ、有枝をペシャンコにした。

呆気にとられた亀田だったが、杉男が残した財布から地図を見つけていた。

 

1か月後、亀田は南米のジャングルにいた。

地図を頼りにしてジャングルを彷徨っていると、目の前に気味の悪い植物が見えた。

枝が生き物ののように動き、消えたり現れたりを繰り返している。

枝の先は、まるで手のようだ。

その植物からは蜜と同じ匂いを感じる。

蜜はこの植物から取られたものだったのだ。

植物にナイフを入れ、蜜をなめた亀田。

その直後、バチンという音が響いた。

 

※出典:伊藤潤二傑作集11『潰談』p413-444「潰談」

『潰談』のおすすめポイント

欲望に抗うことの難しさ

この世界には、いろいろな誘惑があります。

そのなかでも、三大欲求の1つである食欲に抗うのはかなり難しいのではないでしょうか。

蜜をなめてからは、他のものがすべてまずく感じるようになってしまう登場人物たち。

どんどん痩せていってしまうのは、空腹なら何を食べてもおいしいという状態ですらないわけです。

それほどまでに、人を魅了してしまう蜜。

一体どんな味なのでしょうか?

ペシャンコになった人たち

蜜をなめているのがバレると潰されてペチャンコにされてしまう『潰談』

潰された様子が描かれているのは、尾木、安ミン、リルコ、杉男、有枝の5名です。

そのなかでも安ミンの潰され方が、特に迫力があります。

部屋の壁一面にバシッ!と描かれた安ミンは、表情の判別ができ、蜜をなめた指までが見て取れます。

このキレイな潰され方も見事で、私が怪談を読む時は、潰された安ミンをまじまじと見ています(笑)

えむ
『潰談』は笑ゥせぇるすまんが好きな方におすすめです!

『潰談』単体で読みたい方はKindle版をどうぞ。

『潰談』を含む伊藤潤二傑作集を購入するならこちら。
双一と淵さんの子供が登場する2作品や、気持ち悪さNo.1の『グリセリド』も収録されています。

created by Rinker
¥1,188 (2018/12/01 23:37:48時点 Amazon調べ-詳細)

↓他の伊藤潤二作品はこちらから↓ 伊藤潤二まとめ用バナー

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

V系でプロのドラマーとして10年間活動後、引退しました。 過去の経験を活かし、バンドマンへのアドバイス記事を書いています。 現在はサラリーマンとして勤務する傍ら、古本屋めぐりとホラー漫画の収集に凝っています。このブログでは藤子不二雄(A)、伊藤潤二、呪みちるをはじめとして私が愛する漫画作品を紹介します。