伊藤潤二徹底考察『地獄の人形葬』【ネタバレあり】

伊藤潤二徹底考察『地獄の人形葬』

スポンサーリンク

伊藤潤二ファンの私、えむ(@mnb_yx)です。

伊藤潤二作品のあらすじ、登場人物はもとより、原作とアニメの違いや私が気になるポイントについても深堀りしていく【伊藤潤二徹底考察シリーズ】

当記事では、耽美な雰囲気が私の心をつかんで離さない『地獄の人形葬』をピックアップ。作品の魅力を読み解いていきます。

注意
この記事にはネタバレやを含む。
また生理的に不快と思われる表現があるため、ご注意願いたい。

スポンサーリンク

『地獄の人形葬』のあらすじ

父は恐れていた。いよいよ娘に「人形化」の兆候が見られたからだ。

すでに、全世界の子供の30%が人形化したという。

そして娘も完全に人形化してしまった。夫妻は苦しい決断を迫られる。

「地獄の人形葬」

出典:『伊藤潤二傑作集10フランケンシュタイン』p382「地獄の人形葬」(朝日新聞出版)

わずか6ページにぎゅっと詰め込まれた人間ドラマ

『地獄の人形葬』は全部で6ページの超短編だ。
これだけ少ないページ数でも物語はドラマチックに展開する。

両親は「人形化した子供を葬るべし」とする世間の風潮に反し、娘を家に置いておく決断をする。
なぜみんなが人形化した子供を葬ってしまうのか、理由を知らなかったのだ。

「地獄の人形葬」

出典:『伊藤潤二傑作集10フランケンシュタイン』p380「地獄の人形葬」(朝日新聞出版)

しかし、人形化の果てに醜い姿に変わってしまうと知ったところで両親は娘を葬ることができただろうか。
いや、自分の目で見るまでは到底納得しないのではないか。

『地獄の人形葬』では両親が「世間の常識」に疑問を持つものの、最後は抗うことができないという悲しみを描いている。

スポンサーリンク

人形が朽ちていく過程

冒頭から人形化している娘だが、6ページの中で急速に朽ちていく。

変化の過程を追うと、

  1. 皮膚や関節にも変化が見られ表情がなくなるが会話は可能
  2. 動かなくなり、完全人形化
  3. おおよその姿は保っているものの、皮膚はひび割れている
  4. 本来の姿が崩れ始める
  5. 最終形態

という様相をしている。

作中では時間を示す証拠がないため、最終形態までにどれだけの時間を要するのかわからないが、両親の見た目には変化がない。おそらく短時間で変化するのだろう。

途中のページにはまだ元気だった頃の写真が登場し、娘の外見が劇的に変わってしまったことを読者に強く印象づける。

変わり果てた姿

『地獄の人形葬』は、丸々1ページを使い緻密に描かれた結末のシーンがトラウマ級の衝撃を与える。
グロ耐性がない人にはおすすめできないが、かえってその醜さに美が宿るという表現だ。

顔は細かくヒビ割れ、引き裂かれた口からは牙のような歯が生えている。首は長く伸びて折れ曲り、腕はびっしりと被毛で覆われている。ところどころに奇妙な触手も見える。
もはや人形ですらない、異形のモンスターに成り果ててしまっている。

私には、この朽ちた娘の顔が何かを訴えかけているように見える。
彼女は両親に伝えたいのではないだろうか。
醜くなってしまった私を許して欲しい、そして葬って欲しいと……。

えむ
この話、何度も読んじゃうわ。大好き。

スポンサーリンク

アニメ版『地獄の人形葬』を徹底解剖

この作品がアニメ『伊藤潤二コレクション』にセレクトされたと知ったときは、ショッキングなシーンを含めてどう表現するのか興味があった。
ふたを開ければ、ショートストーリーだけあって尺も短く原作通りに作られていた。

娘が朽ちていく様子を固定のアングルで見せていたが、その作画が少し気になる程度。

原作との違い

ラストシーンで、人形を見せる角度が原作と異なる。

アニメ版の見どころ

なんといってもラストシーン。
原作では動きがなかったのに対し、アニメでは朽ちた娘がゴゾゴゾと動いていた。

ファンからは賛否ありそうだが、最終形態になると怪物になり動き始めるという解釈があっても良い。
より気持ち悪さが増した、アニメならではのシーンだ。

えむ
アニメで一番の完成度ね。
  • 『伊藤潤二傑作集10フランケンシュタイン』p379-384「地獄の人形葬」(朝日新聞出版)
  • 『伊藤潤二コレクション』第1話「地獄の人形葬」(スマイラル・アニメーション)
  • コミック・ゴン!2号(1998年)

『地獄の人形葬』単体で読むにはKindle版がおすすめだ。

『伊藤潤二傑作集』では10巻に収録されている。

アニメ版は『伊藤潤二コレクション』上巻に収録されている。

created by Rinker
¥8,470 (2018/11/12 23:56:42時点 Amazon調べ-詳細)

↓他の伊藤潤二作品はこちらから↓ 伊藤潤二まとめ用バナー

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

V系でプロのドラマーとして10年間活動後、引退しました。 過去の経験を活かし、バンドマンへのアドバイス記事を書いています。 現在はサラリーマンとして勤務する傍ら、古本屋めぐりとホラー漫画の収集に凝っています。このブログでは藤子不二雄(A)、伊藤潤二、呪みちるをはじめとして私が愛する漫画作品を紹介します。