伊藤潤二徹底考察『地獄の人形葬』【ネタバレあり】

伊藤潤二徹底考察『地獄の人形葬』

スポンサーリンク

伊藤潤二先生への愛がほとばしる私、えむ (@mnb_yx)です。

伊藤潤二作品のあらすじ、登場人物はもとより、原作とアニメの違いや私が気になるポイントについても深堀りしていく【伊藤潤二徹底考察シリーズ】

この記事では、その耽美な雰囲気が私の心をつかんで離さない『地獄の人形葬』をピックアップ。

『地獄の人形葬』から感じる切なさと娘の耽美さを読み解いていきます。

注意
この記事はネタバレを含みますので、未見の方はご注意ください。
作品の説明で、一部不快な表現がある場合があります。お含みおきくださいませ。 

『地獄の人形葬』のあらすじ

父は恐れていた。いよいよ娘に人形化の兆候が見られたからだ。

全世界の子供の30%が人形化しているという。

ある日、娘は完全に人形化してしまった。

人形化した娘を前に、夫妻は決断を迫られる。

6ページに詰め込まれた「切なさと常識」

『地獄の人形葬』はわずか6ページしかない。

これだけ少ないページ数でも人を魅了することができるのが伊藤潤二先生だ。

『地獄の人形葬』で描かれるのは、両親が感じる切なさ。

娘は美しく愛おしい存在だったが、徐々に人形化してしまう。

両親も当初は、人形化した子供を葬るという「世間の常識」に納得しておらず、娘を残しておく判断をするが、最後には変わり果てた娘を前に葬ることを決める。

なぜ皆が人形化した子供を手元に残しておかないのか。両親はその理由を分かっていなかった。

しかし、娘が醜い姿に変わってしまうと知っていたら、両親は娘を葬っただろうか。

いや、自分の目で娘の姿を見なければ納得できなかっただろう。

『地獄の人形葬』では、両親が「常識」に疑問を持つものの、結局は抗うことができないというやるせなさも含んでいるのだ。

スポンサーリンク

娘が朽ちていく過程

冒頭から人形化の兆候があった娘だが、作中で徐々に朽ちていく。

変化の過程を追っていくと、

  1. 皮膚や関節にも変化が見られ表情がなくなるが会話は可能
  2. 動かなくなり、完全人形化
  3. おおよその姿は保っているものの、皮膚はひび割れている
  4. 本来の姿が崩れ始める
  5. 最終形態

という変化をしている。

作中では時間についての言及がないため、それぞれの変化にどれぐらいの時間を要するのかはわからないが、両親の外見に変化がないため、短期間に変化が現れるのだろう。

人形化する前の娘から比較すると、しゃべらなくなった2の状態からスピードを増して変化していったのではないか。

朽ちた娘

『地獄の人形葬』は、ラストシーンを見なれけば意味がない。

朽ちる過程の最終形態ともいえるのが、ラストシーンの娘だ。

苦手な人には少々ツラい描写だが、その醜さにこそ美が潜んでいる。

首は伸びて蛇行し、足のようなものが生えているし、皮膚といえるのか分からないものに体がつつまれている。

この人形は、もはや何者か判断できない。

しかし、この朽ちた人形の表情からは謝罪の気持ちが読み取れる。

彼女は両親に伝えたいのではないだろうか。

醜い私を許して欲しい、そして葬って欲しいと。

えむ
朽ちた娘は本当に美しい耽美の世界だわ

アニメ版『地獄の人形葬』

原作との違い

アニメ『伊藤潤二コレクション』にセレクトされたと知ったときは、ショッキングな描写を含めてどう表現するのか興味があった。

ふたを開ければ、ショートストーリーだけあって尺も短く、原作どおりに作られていた。

娘が朽ちていく様子を固定で見せていたが、その作画が少し気になる程度。

ラストシーンは人形を見せる角度が原作と異なる。

アニメ版の見どころ

なんといってもラストシーンの娘だろう。

原作では動きがなかったものの、アニメでは朽ち果てた娘がゴゾゴゾと動いていた。

この解釈はファンから賛否ありそうだが、完全に人形化したあと、怪物になり動き始めるという解釈があっても良い。

より気持ち悪さが増した、アニメならではのシーンだ。

えむ
アニメで一番の完成度ね

※参考:伊藤潤二傑作集10『フランケンシュタイン』p379-384「地獄の人形葬」(朝日新聞出版)
※参考:『伊藤潤二コレクション』第1話「地獄の人形葬」(スマイラル・アニメーション)

『地獄の人形葬』単体で読みたい方はKindle版がおすすめです。

『地獄の人形葬』を含む伊藤潤二傑作集を購入するならこちら。
伊藤潤二先生の人気シリーズ『押切シリーズ』も収録されています。

↓他の伊藤潤二作品はこちらから↓ 伊藤潤二まとめ用バナー

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーサブカル男子が「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 メインジャンルは音楽、マンガ、本。 音楽に関しては、元ヴィジュアル系バンドのドラマーという経歴から、バンド活動についても書いています。 ちなみにメンズです。 《詳しいプロフィールページはこちら⦆