笑ゥせぇるすまん徹底考察『プラットホームの女』【ネタバレあり】

スポンサーリンク

笑ゥせぇるすまんマニアの私、えむ (@mnb_yx)です。

笑ゥせぇるすまんのあらすじ、お客様はもとより、原作とアニメの違いやテーマについても深堀りしていく【笑ゥせぇるすまん徹底考察シリーズ】

この記事で紹介するのは、初代アニメと新アニメのどちらでも放送された人気作『プラットホームの女』です。

女性が持つ秘密とはなにか、そして『プラットホームの女』にはどんなテーマが潜んでいるのか、読み解いていきます。

注意
この記事は作品内容のネタバレを含みますので、未見の方はご注意ください。
作品の説明で、一部不快な表現がある場合があります。お含みおきくださいませ。 

『プラットホームの女』のあらすじ

直木は朝のホームでいつも見かけるマスクの女性に恋をしていた。

電車内で女性と並んで立っていた直木は、バランスを崩して寄りかかってきた女性を抱きしめてしまう。

女性は逃げてしまったが、直木の後ろには喪黒が立っていた。

直木は、マスクの女性を紹介するという喪黒の提案を一度は断ったものの、結局喪黒を頼る。

再び直木の前に姿を現した喪黒は、マスクの女性が今夜、直木の部屋を訪れると伝えた。

『プラットホームの女』のお客様

直木引用:藤子不二雄Ⓐ 笑ゥせぇるすまん① p184『プラットホームの女』(中公文庫)

氏名:直木純一
年齢:23歳
性別:男性
職業:サラリーマン(アニメ:銀行員)

内気な青年のように描かれているが、やっていることはストーカーそのもの。

喪黒を頼るわりに文句を言う、笑ゥせぇるすまんのお客様テンプレのような人物。

注意
ここから先は作品の結末に言及しています。未見の方はご注意ください。 

喪黒の恐るべき情報収集能力

毎回どこからか「お客様」を見つけてくる喪黒だが、その情報収集能力はお客様以外にも発揮される。

直木が惚れている女性の情報もすぐさま収集し、直木に伝えている。

名前・年齢・既婚 or 独身・勤務先・住所……個人情報をすべて収集できるネットワークがあるのか、喪黒が自分で調査したものなのかは言及されていないが、喪黒の闇の一片が見られる場面だ。

トラウマを生むラストシーン

『プラットホームの女』といえば、ラストシーンがトラウマになる話として有名だ。

素性の知れないマスクの美女。

マスクを外した顔も整っており、体も美しい。

しかし、それは作られたものであり、女性が顔を叩くと顔が崩れ、潜めていた醜い顔が現れる。

この「素顔」の恐ろしさがトラウマになると言われる部分だ。

スポンサーリンク

『プラットホームの女』のテーマとは?

私が考える『プラットホームの女』のテーマは、

えむ
内面まで愛せ」

マスクの下の素顔

人の顔が隠されていると、その隠された部分が気になるのは当然だろう。

人は元来、秘密を暴きたくなるものだ。

『プラットホームの女』の登場する女性もマスクで顔を隠している。

それでもパッチリとした目から美しさが伝わってくるのだから、直木が女性に一目惚れするのも無理はない。

美が幻だったら?

ラストシーンで女性の外見の美しさは「崩れ落ちてしまう」のだが、これは女性からの優しさだったのでないだろうか。

女性からすれば、事実を隠すこともできた。

しかし、彼女は自分の美が作り物であることを正直に直木に伝えるのだ。

直木は愛しているだの、素晴らしさが分かるだのと言いながら、女性の心を見ることはなかった。

その美に惚れていた直木は、この事実を受け入れられないだろう。

藤子不二雄Ⓐ先生からのメッセージとは?

藤子不二雄Ⓐ先生は、人を評価するときに重要なのは、見た目や、イメージだけではないと伝えたかったのではないだろうか。

確かに、外見の美しさは最初の判断材料に足るものだろう。

しかし、その人の評価のすべてを外見という限られた情報だけで判断するものではない。

最初は外見で惚れたとしても、その人となりまで知ったところから本当の付き合いがはじまるのだ。

初代アニメ版『プラットホームの女』

初代アニメ版・原作との違い

『プラットホームの女』では、アニメで追加されたシーンがある。

それは、喪黒から女性への仲介を提案され、それを断った直木が帰宅するシーンであるが、直木は女性を見つけて後をつける。

このシーンはアニメオリジナルのシーンだが、ストーカー行為であることに間違いなく、直木の隠れた狂気を表しているのだ。

喪黒が直木に女性の情報を伝えるシーンにも変更がある。

アニメ版では雨が降るなか、トンネルで語られており、その怪しげな雰囲気が密やかな会談というシーンにピタリとハマっている。

女性が素顔を明かすシーンでも、原作では自分の顔を殴っているが、アニメ版では額を押すような表現に変わっていた。

ちなみに、銀行のシーンでは頼母の妻と子供がいるように見えたが、口座の解約でもしているのだろうか……。

初代アニメ版の見どころ

アニメ版の見どころといえば、もちろん女性の顔が崩れ落ち、素顔が現れるシーンだろう。

ゆっくりを崩れ落ちる様は、キレイと感じるほどにキラキラとしており、その後に見える素顔とのコントラストが見事に表現されている。

雨のトンネルの密話も、怪しさがつまったいいシーンで、雨に打たれる喪黒の不気味さもアニメ版で見るべきシーンと言える。

原作本来の魅力を損なわずに新しいシーンを入れて、より素晴らしいアニメ作品になった。

NEWアニメ版『プラットホームの女』

NEWアニメ版・原作との違い

まず、女性の外見が変化し、髪はロングになっている。

直木が喪黒の仲介を断ったあとの、銀行で喪黒と再会するシーンでは、原作・初代アニメともに窓口での会話だったが、NEWアニメでは応接室での対応に変化。

初代アニメであった直木が尾行するシーンや、雨のトンネルのシーンは無くなり、原作に沿った内容になったと言える。

(雨のトンネルは良いシーンだったので、カットされたのは個人的に残念)

ラストシーンで明かされる女性の素顔は、初代アニメよりもNEWのほうが刺激的に描かれている。

NEWアニメ版の見どころ

出演者の外見を変化させるなど、初代とは別の作品として作る意欲は感じた。

しかし、演出が過剰であるようにも感じ、初代アニメの出来がよかったことを再認識することになった。

見どころとしては、女性の素顔が初代よりもグロテスクなところぐらいか。

初代・NEWどちらも未見の方には初代アニメ版をおすすめしたい。

アニメ版笑ゥせぇるすまんを見るならAmazonプライムがおすすめ

『プラットホームの女』のアニメ版・笑ゥせぇるすまん見たい場合はAmazonプライムがおすすめだ。

加入すれば、笑ゥせぇるすまん全126話、笑ゥせぇるすまんNEW全12話が見放題になるだけではなく、アニメ、ドラマ、映画も見られる上に、各種Amazonサービスも受けられる。

未加入の方はこの機会に無料お試し会員になってみてはいかがだろうか?

Amazonプライムを無料で試してみる!

 

※参考:藤子不二雄Ⓐ 笑ゥせぇるすまん① p183-198 『プラットホームの女』(中公文庫)
※参考:笑ゥせぇるすまん『プラットホームの女』(ポニーキャニオン)
※参考:笑ゥせぇるすまんNEW『プラットホームの女』(バップ)

『プラットホームの女』が収録されている笑ゥせぇるすまんの漫画はこちら

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

アラサーサブカル男子が「R30向けの情報を発信する」サブカルチャーブログ「雲外蒼天」の中の人です。 メインジャンルは音楽、マンガ、本。 音楽に関しては、元ヴィジュアル系バンドのドラマーという経歴から、バンド活動についても書いています。 ちなみにメンズです。 《詳しいプロフィールページはこちら⦆