伊藤潤二徹底考察『長い夢』【ネタバレ解説】

伊藤潤二徹底考察『長い夢』

スポンサーリンク

伊藤潤二先生への愛がほとばしる私、えむ(@mnb_yx)です。

伊藤潤二作品のあらすじ、登場人物はもとより、原作とアニメの違いや、私が気になるポイントについても深堀りしていく【伊藤潤二徹底考察シリーズ】

この記事では、伊藤潤二作品のなかでも人気のある『長い夢』をピックアップ。

作品の解説やQ&A、向田が見る夢を中心に『長い夢』を読み解いていきます。

注意
この記事はネタバレを含みますので、未見の方はご注意ください。
作品の説明で、一部不快な表現がある場合があります。お含みおきくださいませ。 

スポンサーリンク

『長い夢』のあらすじ

ある日の深夜、竹島麻美の悲鳴が響いた。

死神を見たと騒ぐ麻美だったが、その正体は同じ病院に入院している患者・向田だった。

医師は麻美の病室に現れた向田の様子を見に行く。

長い夢の見ている異形の彼を。

『長い夢』の人物相関図

伊藤潤二徹底考察『長い夢』人物相関図

『長い夢』では、向田と麻美の主治医である黒田が中心になり、同僚の医師・山内が、向田と麻美についての情報を引き出している。

山内→黒田は敬語、黒田→山内は敬語を使っていないため、おそらく黒田が先輩or上司にあたるのだろうが、どのような関係かハッキリしないため、相関図では同僚とした。

死を恐れている麻美は異形の向田を見て死神だと思い、それ以降向田を恐れている。

向田が麻美に持つ感情は好意とまではいい切れないかもしれないが、夢のなかで結婚しているため、相関図では好意とした。

スポンサーリンク

『長い夢』をかんたんに解説

えむ
『長い夢』の意味が分からなかったという声を頂いたので、私なりに解説するわよ

人は睡眠中に夢を見る。

夢の内容はさまざまだが、夢のなかでの時間経過もさまざまだろう。

朝起きて、今日見た夢は10分ぐらいの話だったとか、1ヶ月ぐらいの出来事の断片を集めた話だったとか、バラバラの時間だ。

しかし、向田が見る夢のなかの時間はどんどん延びていく。

2,3日→1年→1年半→10年……と延びるのだ。

1日生活する→2,3日分の夢を見る→1日生活する→3,4日分の夢を見ると繰り返していけば、そのうち夢と現実の区別がつかなくなってくる。

いつのまにか向田は夢のなかの時間も現実と同じように過ごしてしまう。

そして夢のなかの時間がどんどん延びれば、いつかは永遠の夢が訪れてしまうのだ。

『長い夢』Q&Aコーナー

質問くん
向田はなぜ長い夢を見るの?
えむ
作中でも触れられているけど、特殊な物質によって長い夢を見る体になってしまったのよ
質問くん
向田の体はなぜ変化したの?
えむ
現実ではたった数日しか経過していなくても、向田は夢のなかで何年も過ごしているからその分変化したのよ
質問くん
向田はなぜ麻美のことを知っているの?
えむ
向田が数千年前の夢を見る前日に病院を徘徊したときに麻美を見て、そのまま麻美と結婚する夢を見たの

スポンサーリンク

向田が見る長い夢

嫌な夢で起きた日は、気分が悪いと感じるが、それが悪化していったのが『長い夢』だ。

向田は夢のなかで徐々に長い時間を過ごすことになる。

夢の内容は悪夢が多く、かなり幅が広い。

トイレを8年探し続ける→受験地獄を9年→ジャングルに潜む兵士を10年というのは向田が実際に見た夢で、ここまでは1年ずつ増加している。

これ以降は50年、100年と向田が夢のなかで過ごす時間は増えていく。

夢のなかの時間は徐々に長くなっており、入院2日(現実)で1年半(夢)→20日(現実)で50年(夢)→1ヶ月ほど(現実)で100年(夢)と延びていった。

それ以降の入院日数は不明だが、向田が最後に話しているシーンで数千年前と言っている場面は、入院日からそう遠くない日だろう。

現実の向田が消え去ったとき、夢のなかの向田は永遠に生き続けるのだろうか。

長い夢から目覚めぬ異形

数千年間の夢を見た向田は、その後目覚めずに「消えていく」

消えていく前の向田は、彼本来の姿などない異形の存在になっている。

体が老化したというよりも、数千年後の世界に適用した体と現実の体の中間であるように思う。

なぜなら彼は夢と現実を行き来しているのだから。

そして彼が消えたあとに残る物質が、次の被害者を生み出してしまう。

物質を投与された麻美はもちろん向田と同じ運命を辿るだろう。

えむ
異形の向田を見るだけでも価値があるのよ『長い夢』はね

アニメ版『長い夢』

原作との違い

原作で向田は自分が見た夢を具体的に説明するが、アニメでは全カットされている。

向田の悪夢をリアルに見せるバケモノじみた絵や、ジャングルの兵士となって過ごした10年、9年間の受験戦争、トイレ探しの8年など、向田が実際に見た悪夢の数々を入れたほうが、視聴者は長い夢の正体が分かりやすかったのではないだろうか。

アニメ版の見どころ

向田が朽ちていくシーンは必見の出来。

向田がでろーんとした状態になってから、ボロボロ、サラサラと消えゆくのはアニメ特有の儚さだろう。

この場面、作画のクオリティも高かった。

えむ
消えゆく向田の儚さが5割増しよ

※参考:伊藤潤二傑作集9『墓標の町』p175-206「長い夢」(朝日新聞出版)
※参考:『伊藤潤二コレクション』第2話「長い夢」(スマイラル・アニメーション)

『長い夢』単体で読みたい方はKindle版がおすすめです。

『長い夢』を含む伊藤潤二傑作集を購入するならこちら。
名作『ご先祖様』『なめくじ少女』も収録されています。

created by Rinker
¥1,080 (2018/09/15 23:22:18時点 Amazon調べ-詳細)

↓他の伊藤潤二作品はこちらから↓ 伊藤潤二まとめ用バナー

Twitterバナー
 

スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

えむ

V系でプロのドラマーとして10年間活動後、引退しました。 過去の経験を活かし、バンドマンへのアドバイス記事を書いています。 現在はサラリーマンとして勤務する傍ら、古本屋めぐりとホラー漫画の収集に凝っています。このブログでは藤子不二雄(A)、伊藤潤二、呪みちるをはじめとして私が愛する漫画作品を紹介します。